三菱商事

ビジネスサービス部門

ビジネスサービス部門は、三菱商事グループおよび顧客のビジネスに必要なIT機能の提供と、その為の投資等を行う役割を担っています。

産業のデジタル化の進展や事業の多様化などの環境変化によって、ITがあらゆるビジネスに必要なツールとなり、グローバルなITニーズが増えています。当部門は、国内外の事業パートナーと連携し、グローバル対応力と競争力のあるITサービスを確保・提供すると共に、ビジネスにおけるデジタル活用への取り組みを支援し、三菱商事グループおよび顧客の継続的な企業価値向上や事業の拡大に貢献していきます。

組織 Organizational Structure

  • ITサービス事業本部
  • IT企画部

    三菱商事のITシステム・ITインフラなど全社IT戦略の企画、施策の立案、投資・経費管理を担当します。また、三菱商事グループの事業ニーズの多様化・グローバル化や技術の変化に即応して、連結ベースでの全社IT施策の展開を進めるとともに、IT内部統制・情報セキュリティ施策を立案・推進します。

取り組み Business

  • 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ

    三菱商事の顧客対応力とインドTata Consultancy Services(TCS)の競争力の高いITサービスを活かし、日本企業のグローバル化やデジタル技術活用のゲートウェイ役として貢献していくことを目指しています。2015年にはインドのプネ市に、日本企業向けの専用デリバリーセンターも開設し、体制を一層強化しています。

  • デジタルビジネス開発

    Tata Consultancy Services(TCS)などのパートナーやシリコンバレー支店をはじめとする海外拠点を通じて、新しい技術の潮流やビジネスモデルの情報を収集し、三菱商事の営業グループと一体となって、デジタル化の影響が大きい産業分野におけるビジネス開発を支援・推進しています。

  • 最新鋭の都市型データセンター

    最新型の免震装置や、都市部では初めてとなる完全外気空調設備を備えたデータセンターを東京都三鷹市に所有。長年の運用実績を踏まえ、災害、環境、セキュリティーに配慮した付加価値の高いITアウトソーシングサービスを提供しています。

    三菱商事のデータセンター事業について

  • MCデータプラス

    三菱商事でインキュベートした建設業向けクラウドサービス事業を分社し設立。

    3万社・1万現場以上で利用される業界最大のクラウドサービスを展開するとともに、ビッグデータ解析やデータ分析コンサルティングを新たな事業領域として加え、企業向けデータ活用プラットフォームサービスを提供しています。

主な事業投資先 Business Investments

ページ上部へ