三菱商事

サステナビリティマネジメント

  • 環境影響・社会性の審査
  • サプライチェーンにおけるCSR
  • アドバイザリーコミッティー
  • パフォーマンスデータ

継続的企業価値の創出に向けて

事業活動を通じた社会価値・環境価値の創出を目指す

三菱商事では、企業理念である「三綱領」を全ての企業活動の土台とし、その上で「企業行動指針」を定め、事業活動の目的やその在り方、人権の尊重、地球環境への配慮などを規定しています。また、地球環境への配慮に努めるための方針として「環境憲章」を制定し、これらに立脚した事業活動を推進しています。

また、当社は社会貢献活動や海外での国際貢献活動を通じた社会価値・環境価値の創出にも力を入れています。環境・CSRの取り組みを進めるに当たっては、ステークホルダーの皆様との継続的な対話を通じて、その声を反映していくことが重要であると考えています。

環境・CSR体制

三菱商事では、環境・CSR全般の基本方針を討議する組織として、「環境・CSR委員会」を設置しました。また、環境・CSR担当役員を任命し、役員の業務分担として環境・CSRを明記しました。

加えて、社外有識者の方々を加えた「環境・CSRアドバイザリーコミッティー」では、三菱商事グループの環境・CSR活動などに対する助言や提言を 行っています。

グローバルな事業展開を進めるためにも、社内での議論に加え、社外有識者の方々の声も活かしていきたいと考えています。

コーポレート・ガバナンス

三菱商事は、「三綱領(所期奉公、処事光明、立業貿易)」を企業理念とし、公明正大を旨とする企業活動を通じ、継続的に企業価値の向上を図るとともに、物心ともに豊かな社会の実現に貢献することが、株主をはじめとするすべてのステークホルダーの期待にこたえるものと認識しています。

この実現のため、当社では、経営の健全性、透明性、効率性を確保する基盤として、コーポレート・ガバナンスの継続的強化を経営上の重要課題としており、監査役制度を基礎として、社外役員の増員などによる監督機能の強化や、執行役員制度の導入による経営と執行の分離の推進など、より実効性の高いコーポレート・ガバナンス体制の構築に努めています。

会社情報 コーポレート・ガバナンスに対する取り組み

内部統制システム

三菱商事は、法令・定款に適合し、かつ、適正に業務を遂行するために、内部統制システムを構築・運用し、継続的に改善・向上に努めています。

会社情報 内部統制に対する取り組み

環境マネジメントシステム(EMS)

三菱商事では、さまざまな商品を取扱い、数多くの事業投資を行う総合商社として当社が環境に与える直接・間接の影響や負荷を把握し、これを継続的に軽減するための仕組みとして環境マネジメントシステム(EMS)をISO14001に基づいて構築しています。

社長を最高責任者とし、社員全員参加で推進しているEMSでは、例えば当社のオフィスや出張の際の移動において発生するCO2を低減する活動なども行っています。

また、取引先や事業投資先に対して、環境面・社会性面への取組みに関するアンケート調査やヒアリング、サイト視察などを行い、環境管理の方針や現状、緊急時の対応プランなどを把握した上で、双方での継続的な環境負荷低減につながる提言やリクエストも行っています。

環境マネジメントシステム 環境方針

三菱商事は、環境憲章に基づき、環境マネジメントシステムを構築し、以下の「環境方針」を定め、事業活動を通じて地球環境の保全に努めるとともに、持続可能な社会の実現を目指します。

  1. 環境関連法規制等の順守

    環境関連の法令・条例およびわが社が同意する環境上の要求事項を順守します。

  2. 環境改善への取り組み

    • (1)気候変動への対応のため、温室効果ガスの削減に努めます。
    • (2)資源およびエネルギーの節減に努めます。
    • (3)生物多様性の重要性を認識し、自然環境への影響に配慮します。
  3. 環境マネジメントシステムの継続的な改善

    事業活動と調和した環境マネジメントシステムの継続的な充実・改善に努めます。

  4. 環境方針の周知と公開

    この環境方針を全社員に周知徹底し、全員が理解し行動できるよう教育・普及活動を推進します。 また、この環境方針を社外に公開します。

2011年2月10日

三菱商事株式会社 取締役社長

ページ上部へ