三菱商事

環境・CSR体制

組織体制

三菱商事では、環境・CSR 全般の基本方針を討議する組織として、副社長を委員長とする「環境・CSR 委員会」を設置し、社長室会に提言を行っています。

また、社外有識者の方々を加えた「環境・CSRアドバイザリーコミッティー」を設置しており、同コミッティーでは、三菱商事グループの環境・CSR活動に対する助言や提言をいただいています。

環境・社会性面からのリスク管理体制

三菱商事では投融資案件の審議に際し、経済面だけでなく、環境面や社会性面も含む総合的な観点から審議・検討を行っています。

特に取締役会や社長室会において審議される全ての案件については、投融資委員会にサステナビリティ推進部がメンバーとして参加することで、環境や社会に与える影響も踏まえた意思決定が行われるような審査体制が整備されています。

三菱商事の環境マネジメントシステム

三菱商事では、幅広い事業領域において、グローバルなビジネスを展開しています。当社が関わるさまざまなビジネスと環境との関わりを把握することが重要と考え、社長を最高責任者とする環境マネジメントシステム(EMS)を、ISO14001規格にのっとり、構築しています。

また、「環境憲章」の精神を受け制定した「環境方針」に基づき、EMS活動を推進しています。

環境方針

三菱商事は、環境憲章に基づき、環境マネジメントシステムを構築し、以下の「環境方針」を定め、事業活動を通じて地球環境の保全に努めるとともに、持続可能な社会の実現を目指します。

  1. 環境関連法規制等の順守

    環境関連の法令・条例およびわが社が同意する環境上の要求事項を順守します。

  2. 環境改善への取り組み

    • (1)気候変動への対応のため、温室効果ガスの削減に努めます。
    • (2)資源およびエネルギーの節減に努めます。
    • (3)生物多様性の重要性を認識し、自然環境への影響に配慮します。
  3. 環境マネジメントシステムの継続的な改善

    事業活動と調和した環境マネジメントシステムの継続的な充実・改善に努めます。

  4. 環境方針の周知と公開

    この環境方針を全社員に周知徹底し、全員が理解し行動できるよう教育・普及活動を推進します。また、この環境方針を社外に公開します。

2016年6月24日

ページ上部へ