三菱商事

理念・基本方針

三菱商事には創業以来の企業理念である「三綱領」があります。

三綱領は、常にフェアな態度を貫き、社会や環境と共生する視点を持ちながら、世界と人類の未来に貢献するビジネスを展開していくことを謳っており、自らが社会的責任を果たす上での拠り所となっています。

企業行動指針」をはじめ「環境憲章」や「社会憲章」も三綱領に則り定められており、グローバルな総合事業会社として企業価値向上を図りながら、社会の持続的発展に貢献していくことを目指しています。

三綱領

「三綱領」は、1920年の三菱四代社長岩崎小彌太の訓諭をもとに、1934年に旧三菱商事の行動指針として制定されたものです。旧三菱商事は1947年に解散しましたが、三菱商事においてもこの三綱領は企業理念となり、その精神は役職員一人一人の心の中に息づいています。

三綱領

所期奉公

事業を通じ、物心共に豊かな社会の実現に努力すると同時に、かけがえのない地球環境の維持にも貢献する。

処事光明

公明正大で品格ある行動を旨とし、活動の公開性、透明性を堅持する。

立業貿易

全世界的、宇宙的視野に立脚した事業展開を図る。

(2001年1月、三菱グループ各社で構成される三菱金曜会にて申し合わされた現代解釈)

三菱商事環境憲章

三菱商事は、地球が最大のステークホルダーであると認識し、事業活動を通じて持続可能な社会の実現を目指します。

  • 私たちは、新技術や新たな仕組みを活用し、温室効果ガスの削減に取り組みます。
  • 私たちは、資源(エネルギー、鉱物、食料、水等)の持続可能な利用に努めます。
  • 私たちは、生態系がもたらす様々な恩恵の重要性を認識し、生物多様性への影響を緩和するとともにその保全に貢献します。
  • 私たちは、環境負荷低減や環境保全によって生じる環境価値の創出・向上に努めます。
  • 私たちは、環境に関する企業情報を適時・適切に開示し、多様なステークホルダーとのコミュニケーション・協働を推進します。
  • 私たちは、環境諸法規を遵守するとともに、国際行動規範に則した行動を取ります。

2010年7月

三菱商事社会憲章

三菱商事は、企業活動の展開を通じ、中長期的な視点で社会課題の解決に貢献することにより、持続可能な社会の実現を目指します。

  • 私たちは、私たちの事業を通じて、地域・コミュニティの社会課題の解決に貢献し、健全で持続的な発展に寄与することを目指します。
  • 私たちは、時代の要請に応え、常に新たな課題認識をもって社会貢献活動を継続していきます。
  • 私たちは、人権及び先住民の権利を尊重する責任を果たします。また、労働における基本的権利を尊重し、適切な労働環境の重要性を認め、その確保に努めます。
  • 私たちは、腐敗・汚職に関与せず、その防止に取組みます。
  • 私たちは、社会との関わりについての企業情報を適時・適切に開示し、多様なステークホルダーとの対話と協議を積極的に推進します。

2014年4月

国連グローバル・コンパクトへの参加について

当社は、2010年に「国連グローバル・コンパクト」に参加しました。国連が提唱する人権、労働基準、環境および腐敗防止の4分野で企業が遵守すべき普遍的原則「グローバル・コンパクト」の支持を宣言し、「三綱領」の精神に基づき、各分野における取り組みを推進しています。

United Nations Global Compact

国連グローバル・コンパクト10原則

人権

企業は、

  • 原則1国際的に宣言されている人権の保護を支持、尊重し、
  • 原則2自らが人権侵害に加担しないよう確保すべきである。
労働

企業は、

  • 原則3組合結成の自由と団体交渉の権利の実効的な承認を支持し、
  • 原則4あらゆる形態の強制労働の撤廃を支持し、
  • 原則5児童労働の実効的な廃止を支持し、
  • 原則6雇用と職業における差別の撤廃を支持すべきである。
環境

企業は、

  • 原則7環境上の課題に対する予防原則的アプローチを支持し、
  • 原則8環境に関するより大きな責任を率先して引き受け、
  • 原則9環境に優しい技術の開発と普及を奨励すべきである。
腐敗防止

企業は、

  • 原則10強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗の防止に取組むべきである。