三菱商事

メニューを飛ばす

ユーティリティ

ANNUAL REPORT 2011

このページはホームの中の取り組みと戦略の中の化学品グループの中の組織/社会・環境価値の創造に向けてです。

DISCOVERING OUR POTENTIAL
取り組みと戦略

化学品グループ 組織/社会・環境価値の創造に向けて

中山 真一 汎用化学品第二本部長 喜代吉 龍也 執行役員 汎用化学品第一本部長 五十嵐 忠彦 理事 機能化学品本部長 百崎 鉄朗 理事 ライフサイエンス本部長

組織

化学品グループ 化学品グループCEOオフィス 化学品グループ管理部 フェニックスユニット
サウディ石化ユニット 汎用化学品第一本部 汎用化学品第二本部 機能化学品本部 ライフサイエンス本部
  • 従業員数
    • 連結………3,222名
    • 単体………653名
  • 連結対象会社数………43社

社会・環境価値の創造に向けて

世界最大の天日塩田で、自然環境への配慮や雇用創出に貢献

三菱商事が49%、メキシコ政府が51%を出資する製塩会社Exportadora de Sal, S.A.de C.V.(ESSA)は、世界最大の天日塩田を運営し、日本の塩輸入量の約半分を供給、クロールアルカリ事業を支える製塩会社として確固たる地位を築いています。

当社はESSAの事業推進に当たり、投資先国の国益に配慮すること、経営は基本的に現地の人に委ねることなどを基本方針として掲げて取り組み、日墨合弁事業のモデルケースと言われるほどに成長しました。また、常に周辺の生態系に配慮し、環境と調和した持続可能な開発を地元コミュニティと共に実現。さらにESSA従業員を核としたコミュニティが生まれ、学校、病院、教会、スーパーマーケットなどの施設が整備されています。そこからもさまざまな雇用が発生し、地域社会の安定にも貢献しています。

ESSAの塩田は、年間約750万トンの生産能力を保有

ESSAの塩田は、年間約750万トンの生産能力を保有

SPECIAL NAVIGATION