三菱商事

メニューを飛ばす

ユーティリティ

ANNUAL REPORT 2011

このページはホームの中の取り組みと戦略の中のエネルギーグループの中の2011年3月期の業績です。

DISCOVERING OUR POTENTIAL
取り組みと戦略

エネルギー事業グループ

石油・ガスのプロジェクト開発および投資を行うほか、原油、石油製品、LPG、LNG、炭素製品などの取引業務を行っています。

主な商品・サービス

  • LNG、LPG、原油、ガソリン、ナフサ、灯油、軽油、重油、潤滑油、アスファルト、その他石油製品、石炭コークス、石油コークス、カーボンブラック原料油、コールタール・タール製品、炭素繊維・活性炭、人造黒鉛電極、石油・ガス探鉱開発 など
2011年3月期の業績
売上高 3,874,156 百万円
売上総利益 43,798 百万円
持分法損益 55,720 百万円
当期純利益 94,007 百万円
総資産 1,279,639 百万円
従業員数*1  
連結 1,535 名
単体 485 名
連結対象会社数*2 70
※1
2011年3月31日現在のデータとなります。記載されていないコーポレートスタッフ部門の従業員数は連結6,270名、単体1,824名となっており、合計すると連結58,470名、単体5,665名となっています。
※2
2011年3月31日現在のデータとなります。子会社にて連結される会社数は含まれていません。記載されていない地球環境事業開発部門は28社、ビジネスサービス部門は6社、コーポレートスタッフ部門は13社、現地法人は40社で、合計すると548社となっています。
当期純利益(単位:億円)
XLSをダウンロード
当期純利益
拡大する

〈主な変動要因〉
2009年3月期~2010年3月期
〈減少〉
  • 地価下落や円高による海外資源関連子会社の取引利益減、持分利益減
  • 燃料デリバティブ取引に係る損失計上
2010年3月期~2011年3月期
〈増加〉
  • 油価をはじめとする市況上昇に伴う総利益・持分利益増
  • 燃料デリバティブ取引に係る損失計上の前期比減

SPECIAL NAVIGATION