三菱商事

メニューを飛ばす

ユーティリティ

ANNUAL REPORT 2011

このページはホームの中の取り組みと戦略の中の生活産業グループの中の2011年3月期の業績です。

DISCOVERING OUR POTENTIAL
取り組みと戦略

生活産業グループ

食料、衣料、紙・包装材、セメント・建材、医療・介護など、人々の生活に身近な分野で、原料・素材の調達から、消費市場に至るまでの幅広い領域において、商品・サービスの提供、事業開発、投資などを行っています。

主な商品・サービス

  • 調剤薬局事業、病院経営後方支援、医療機器・医薬品販売事業、福祉用具レンタル卸事業、流通市場・消費市場における戦略立案・推進、リテイル事業、通販・マーケティング事業、ポイント・決済等関連サービス事業
  • 米穀、小麦、大麦、小麦粉、とうもろこし、マイロ、青果物、水産物、砂糖類、澱粉・糖化品、コーングリッツ、その他の糖類、塩、ホップ、モルト、大豆、菜種、ゴマ、油脂、油脂製品、鶏・豚・牛肉、食肉加工品、配合飼料原料
  • コーヒー原料、製菓原料、果汁、茶類、チーズ、乳製品、加工食品、低温食品、菓子、水、缶詰、酒類、ペットフード
  • ブランド事業、衣料品、履物、家具・インテリア、雑貨、綿、糸、織物、ニット編地、産業資材、高機能材
  • 紙・板紙、包装資材、チップ、パルプ、植林、印刷・写真感材および周辺資機材、セメント、生コン、木材、各種建材、硅砂、カオリン、タイヤ、工業用ゴム製品 など
2011年3月期の業績
売上高 5,313,607 百万円
売上総利益 456,783 百万円
持分法損益 23,308 百万円
当期純利益 46,260 百万円
総資産 2,183,855 百万円
従業員数*1  
連結 24,161 名
単体 888 名
連結対象会社数*2 118
*1
2011年3月31日現在のデータとなります。記載されていないコーポレートスタッフ部門の従業員数は連結6,270名、単体1,824名となっており、合計すると連結58,470名、単体5,665名となっています。
*2
2011年3月31日現在のデータとなります。子会社にて連結される会社数は含まれていません。記載されていない地球環境事業開発部門は28社、ビジネスサービス部門は6社、コーポレートスタッフ部門は13社、現地法人は40社で、合計すると548社となっています。
当期純利益(単位:億円)
XLSをダウンロード
当期純利益
拡大する

〈主な変動要因〉
2009年3月期~2010年3月期
〈増加〉
  • 株式減損の前期比減少
2010年3月期~2011年3月期
〈増加〉
  • 資材関連事業における取引利益・持分利益の増加
  • 食料関連会社の持分利益の増加
〈減少〉
  • 連結納税制度導入に伴う税金費用の計上

SPECIAL NAVIGATION