三菱商事

メニューを飛ばす

ユーティリティ

ANNUAL REPORT 2011

このページはホームの中の取り組みと戦略の中の地域戦略です。

DISCOVERING OUR POTENTIAL
取り組みと戦略

地域戦略 - コーポレート担当役員(企画・業務)メッセージ

三菱商事は、2010年7月に発表した『中期経営計画 2012』の中で、当社の将来の収益基盤を構築するためには、新興国の経済成長を取り込むことが不可欠であるとの問題意識から、「全社戦略地域」として、中国、インド、ブラジルの3カ国を指定しました。

これら3カ国は、当社が真正面から取り組むべき市場と認識し、資金や人材などの経営資源を重点的に投入していきます。特に2012年までの中経期間中に、当該地域には1,000~2,000億円の投資を実行する方針です。

また、現地の取り組み体制の強化、案件の発掘・開発につなげる全社レベルでの促進策なども導入しました。

これら「地域」の観点から、的確な状況把握と経営判断を行うため、当社は広域統括体制を敷いています。具体的には、国内統括に加え、海外を5地域(北米、中南米、欧阿中東CIS、東アジア、アジア・大洋州)に区分し、各々で地域統括が統括責任者として域内の拠点を統括し、連結ベースでの三菱商事の活動の最適化を図ります。本体制を通じて、国内を含む各地域からの発信をさらに強め、より高度な地域戦略の推進、連結経営の強化につなげていきます。

代表取締役 副社長執行役員 コーポレート担当役員(企画・業務) 中原 秀人

SPECIAL NAVIGATION