三菱商事

メニューを飛ばす

ユーティリティ

ANNUAL REPORT 2011

このページはホームの中の当期の成果の中の投資実績と投資案件です。

DISCOVERING OUR POTENTIAL
当期の成果

投資実績と投資案件

投資性資産

  • 投資性資産には、関連投資および長期債権、売却可能有価証券(株式のみ)の取得価額、非上場有価証券、有形固定資産(除く販売用不動産)、無形固定資産、のれんなどが含まれます。『中期経営計画 2012』における投資計画では、3カ年合計で2兆円~2兆5,000億円の投資を見込んでいます。
  • 過去の投資性資産については、国内子会社の決算期統一などの影響を考慮した組替え再表示は行っていません。
XLSをダウンロード
投資性資産残高の推移(単位:兆円)
(単位:億円)
グロス投資額 - - - 3,300 3,700 4,500 7,500 7,000 2,700 3,700
(うち資源) - - - 1,000 1,400 1,600 3,000 2,700 700 1,700
(うち非資源) - - - 2,400 2,300 2,900 4,500 4,300 2,000 2,100
投資入替等 - - - ▲2,600 200 ▲1,000 ▲4,300 ▲8,500 ▲1,800 ▲2,700
増減額 - 500 ▲200 700 3,900 3,500 3,200 ▲1,500 900 1,000
投資性資産残高 27,000 27,500 27,300 28,000 31,900 35,400 38,600 37,100 38,000 39,000
主な投資案件 [K]BMAの設立(オーストラリア石炭合弁事業体)、[N]インドネシアタングー LNGプロジェクトへの参画、[N]西オーストラリアLNGプロジェクトの生産設備拡張、[E]アメリカIPP事業(テナスカ社案件への追加投資)、[K]MOZAL生産ライン増設(モザンビークのアルミ精錬事業) [K]メタルワンの設立(鉄鋼製品事業)、[N]サハリンII LNGプロジェクトの開発、[K]HERNIC FERROCHROMEへの追加出資(クロム鉱石の採掘、フェロクロムの製造・販売) [N]サハリンII LNGプロジェクトの開発、[N]マレーシア LNGプロジェクト(I)の権益追加取得 [M]三菱自動車工業の増資引き受け、[N]サハリンII LNGプロジェクトの開発、[L]サンエスへの資本参加(菓子卸売業)、[L]明治屋商事の設立(食品卸売業)、[C]サウディ石油化学の株式追加取得、[M]いすゞ自動車の優先株式取得 [N]サハリンII LNGプロジェクトの開発、[E]タイ・台湾IPP事業への参画、[M]三菱自動車工業の増資引き受け、[L]ライフコーポレーションの株式追加取得(食品を中心としたスーパーマーケットチェーン)、[N]アストモスエネルギーの設立(LPガス輸入・トレーディング、国内物流、販売) [N]サハリンII LNGプロジェクトの開発、[K]オーストラリアClermont一般炭鉱開発、[L]北越紀州製紙の増資引受け(紙類、パルプ等の製造、加工および販売)、[M]いすゞ自動車の普通株式追加取得、[K]CMP社の株式取得(チリ鉄鉱石事業会社)、[C]興人の連結子会社化(フィルム・発酵・化成品製造) [N]メキシコ湾K2プロジェクトへの参画(E&P)、[K]西オーストラリアJack Hills鉄鉱石プロジェクトへの参画、[L]日本農産工業、日東富士製粉、日本食品化工の子会社化、[S]リース用航空機の取得、[N]ENCORE ENERGYへの資本参加(Medco社(インドネシア)の株式保有会社)、[N]サハリンII LNGプロジェクトの開発、[C]サウディ石油化学の株式追加取得、[N]インドネシア カンゲアンプロジェクトへの参画(E&P)、[M]レンタルのニッケンの株式買い増し [K]オーストラリアSaraji East原料炭権益取得、[K]オーストラリアKintyreウラン権益取得、[M]千代田化工建設の株式買い増し、[L]イオンへの出資、[S]三菱UFJリースへの出資、[N]北海油田の権益取得、[L]伊藤ハムへの出資 [L]日本農産工業の完全子会社化、[S]丸の内キャピタルの運用ファンドへの出資、[M]Rolf Importへの出資(ロシア自動車輸入卸売業)、[E]水ing*への出資(総合水事業会社)、[E]AMPER CENTRAL SOLARへの参画(ポルトガル太陽光発電事業) [S]リース用航空機の取得、[K]CMP社株式の追加取得(チリ鉄鉱石事業会社)、[N]カナダ シェールガス開発プロジェクトへの参画、[N]インドネシア スノロ・トイリ天然ガス鉱区権益取得(ドンギ・スノロLNGプロジェクトの上流権益)、[E]TRILITYへの資本参加(オーストラリア水事業)、[K]エスコンディダ銅鉱山権益追加取得(チリの銅鉱山生産販売業)
  • [E]地球環境事業開発
  • [T]ビジネスサービス
  • [S]新産業金融事業
  • [N]エネルギー事業
  • [K]金属
  • [M]機械
  • [C]化学品
  • [L]生活産業

* 荏原エンジニアリングサービス株式会社は2011年4月「水ing株式会社」に社名変更しました。

SPECIAL NAVIGATION