三菱商事

メニューを飛ばす

ユーティリティ

ANNUAL REPORT 2011

このページはホームの中のDiscovering our Potentialの中のPrincesです。

DISCOVERING OUR POTENTIAL

三菱商事のポテンシャル - Princes

Princes
自社ブランド製品とプライベートブランド製品の
一括受注により成長

当社が100%出資するイギリスの食品・飲料製造販売会社Princesは、M&Aや有力サプライヤーとのパートナーシップ推進などの成長戦略を実行し、欧州市場における食品事業の拡大を進めています。

Princesの売上高推移
(単位:百万英ポンド)
Princesの売上高推移(単位:百万英ポンド)
拡大する

当社がPrincesを買収した1989年には缶詰販売が主体でしたが、以降、19件のM&Aを実行してきました。

1991年に「飲料事業」、1998年に「食用油事業」、2001年に「スプレッド類事業」「イタリア食材事業」、2004年に「ボトルウォーター事業」などの買収を実行し、従来のトレーディング業態から製造業へとシフト、事業領域の拡大を推し進めてきました。

事業の合理化・効率化に継続的に取り組むとともに、自社ブランド製品に加え、大手スーパーマーケットを中心としたプライベートブランド製品の一括受注による、ビジネスモデルを確立しました。持続的に事業規模を成長させ、売上高は買収時の約7倍の12億英ポンドとなり、イギリスにおけるトップクラスの食品・飲料メーカーとして確固たる地位を確立しています。

2011年2月、20件目のM&Aとして、イギリス大手食品会社Premier Foodsの缶詰製造・販売事業の買収に合意しました。

本件実行により、Princesは、イギリスの小売業向け缶詰分野で業界トップメーカーとなる見込みです。主力商品であった水産缶詰・畜肉缶詰に加え、豆・野菜缶詰などでの商品ラインアップを補完・拡充すると同時に、製造拠点を獲得することで、品質管理・価格競争力の向上、トレーサビリティの強化など、小売業への対応力の一層の強化に取り組んでいきます。

当社は、Princesを「欧州における食品事業の中核」と位置付け、さらなる成長を目指します。

重点戦略である「欧州大陸における事業基盤のさらなる拡充」策として、在オランダの営業拠点Princes Foods B.V.の体制強化、2010年にポーランドに食用油製造関連会社EOL Polskaを設立するなど事業拡大を進めてきました。今後も、M&Aの実行機会をうかがい、製造拠点や商権・ブランドの獲得を通じて、事業拡大に果敢に挑んでいきます。

Princes Limited 会長
伊藤 和男

SPECIAL NAVIGATION