三菱商事

メニューを飛ばす

ユーティリティ

ANNUAL REPORT 2011

このページはホームの中のDiscovering our Potentialの中の社船事業です。

DISCOVERING OUR POTENTIAL

三菱商事のポテンシャル - Ship Owning and Chartering

社船事業
造船・海運業界の知見・ノウハウを活かしたビジネス

海運業は、大量・長距離輸送に最適な手段として、国際物流の大動脈となっています。三菱商事は、船舶のトレーディングで培ってきた知見・ノウハウを基に、「社船事業」を通じて新たなビジネスチャンスの拡大を目指します。

社船事業のスキーム
社船事業のスキーム
拡大する

当社が注力して取り組む「社船事業」は、自ら船主となって船を保有し、国内外の海運会社や荷主などへ貸し出しを行うビジネスです。特長は、単に船を貸し出すだけでなく、船長、機関長、船員なども併せて手配する点です。目的地やスケジュールなど、利用者の要請に応じて運航を行うことから、ハイヤー事業に例えられます。

当社は、長年にわたって造船・海運業界に深く根差したトレーディングを通じ、造船会社や船主、さらには船主が船を貸し出す傭船者、荷主まで、幅広いネットワークを構築してきました。そこで培われた知見・ノウハウは、社船事業を推進する上での大きな原動力となっています。

2008年のリーマンショック以降、海運市況はいったん低迷期に入りましたが、中国やインドをはじめとする新興国のインフラ需要拡大などを背景に、撒積船を中心に回復基調にあります。こうした中、当社は2011年5月、シンガポールに社船事業の新会社「ダイヤモンドスターシッピング」を設立。海運業の世界のハブであるシンガポールに拠点を置くことで、物流需要を直接かつ大きく取り込むとともに、船主業にかかわる優秀な人材獲得を行い、これにより新たなビジネスチャンスの拡大を図ります。

〈ビジネスの最前線より〉

今や世界海運のハブとして、荷主、船主、オペレーター、造船所、船舶管理会社、金融機関、保険会社、法律事務所などが所狭しと軒を連ねるシンガポールでは、当社が取り組む社船事業推進のための貴重な情報が、質量共に大きく渦巻いています。私たちは、この中から当社の社船事業にとって有益な情報をタイムリーに拾い上げながら、新規顧客開拓などを通じてビジネスチャンスの拡大を狙うと同時に、顧客に対しては優良船舶の安全・安定供給を行います。


Diamond Star Shipping Pte. Ltd. マネージング・ダイレクター
柳川 純

SPECIAL NAVIGATION