三菱商事

プレスルーム

2012年2月20日

三菱デベロップメント社による豪州マーチソンメタルズ社保有クロスランズ・リソーシズ社及びオーカジー・ポート・アンド・レールの権益取得完了

三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林健)の完全子会社である三菱デベロップメント社(Mitsubishi Development Pty Ltd、以下MDP社、本社:豪州シドニー)は、昨年11月24日に、豪マーチソンメタルズ社(Murchison Metals Ltd、以下MML社、本社:豪州パース)と締結した株式・資産譲渡契約に基づき、本日、MML社が保有する西豪州中西部地区におけるジャックヒルズ鉄鉱石プロジェクト並びに鉄道・港湾インフラ関連の全ての資産・権益を、MML社より取得完了致しましたのでお知らせ致します。
 
対象株式・資産は、MDP社とMML社が50%:50%の持分比率で保有していたクロスランズ・リソーシズ社(Crosslands Resources Ltd、以下CRL社)及びこれに関連する鉄道・港湾インフラ事業体であるオーカジー・ポート・アンド・レール(Oakajee Port and Rail、以下OPR)のMML社保有全権益です。
 
MDP社は、事業化調査の完成及び関連許認可取得に向けたCRL社並びにOPRの主要な活動をサポートして行くと共に、本プロジェクトを実行する上で求められる資金力を有するパートナーや投資家に対し、本取引により取得した権益を適切なタイミングで譲渡することを意図しております。新しいパートナーの招聘は、本プロジェクト開発にあたっての資金調達、並びにオーカジー港湾・鉄道インフラを利用する予定の顧客候補との交渉促進の一助になると考えております。
 
<MDP社概要>
MDP社は1968年に設立された当社の100%豪州子会社であり、シドニー、ブリスベン及びパースに拠点を設けております。MDP社は、オーストラリアにおける鉄鉱石、原料炭、一般炭及びウランの事業運営に従事している他、当社金属グループが推進する全世界の資源ビジネスに対しても、専門家による役務提供を実施しております。

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / / FAX:03-5252-7705