CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries around the world

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

地球環境・インフラ事業グループ:環境事業本部

環境事業本部では、限りのある資源をより多くの人が最適活用するための新規事業の開発とその事業化に向け、挑戦と実践を続けています。

環境事業本部では、車載用、産業用に更なる需要拡大が見込まれるリチウムイオン電池の開発・製造事業、再生可能エネルギーの普及や電力系統の安定化等に資する蓄電事業、分散型太陽光発電等を活用した電力分野における新事業創出、低炭素社会実現のための水素など次世代エネルギー開発など、多岐に亘って環境・インフラ分野における新規ビジネスに取り組んでいます。

戦略

環境・インフラ分野においては、将来を見据え長期的な視野に基づいて事業開発を行うことが必要です。そのため、環境事業本部では、電池事業や分散型太陽光発電事業など、すでに開発段階から事業段階への移行期にある分野の他、水素事業など、次世代をにらんだ新たな事業の開発にも挑戦しています。当本部では、これらの取組を通じ、グループの持続可能な成長に資する事業に注力して参ります。

組織

  • 環境エネルギー事業部
  • 環境R&D事業部
  • 電力サービス事業部
ページ上部へ