三菱商事

エスコンディダ

エスコンディダ

金属資源事業 エスコンディダ

世界最大の銅事業

チリ共和国エスコンディダ銅鉱山は、1990年に操業を開始し、複数の拡張工事を経て、現在、世界最大の銅生産量を誇る銅鉱山です。同鉱山は、年間約120万トンの銅精鉱・銅地金を生産しており、生産規模に加え、埋蔵量、コスト競争力についても世界有数の優良案件です。

金属資源事業

原料炭(製鉄用コークス原料)、銅、鉄鉱石、アルミなどへの金属資源投資事業を通じて、良質な金属資源の世界市場への安定供給に取り組んでいます。新興国を中心とする世界の経済成長により金属資源需要は中長期的に堅調に推移すると予想されており、グローバルベースの顧客ニーズに応えながら、事業基盤のさらなる強化と進化を図っていきます。

ページ上部へ