三菱商事

復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト2018

ライブ動画配信中

歌の絆プロジェクト

2018年3月28日、三菱商事は
朝日新聞社、東日本放送と共同で
「復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト」を
宮城県仙台市で開催しました。

5回目になる今年は、宮城県内高校8校の生徒たちによる合唱と、
スペシャルゲスト秦 基博さんのライブを通じ、被災地の人々や
復興に取り組む人々、未来を担う子どもたちに歌を届けました。

ともに前へ、ともに明日へ。

2018年3月28日、三菱商事は朝日新聞社、東日本放送と共同で
「復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト」を開催しました。
このプロジェクトは、音楽のチカラで復興への歩みを後押ししたいという願いのもと、
2014年に宮城県仙台市からスタート。
福島県や岩手県での開催を経て、5回目となる今年は再び仙台市で
スペシャルゲストに秦 基博さんを迎え、開催しました。

宮城県内の高校8校の生徒たちによる合唱に続いて、
秦さんは「アイ」「トラノコ」「スミレ」「キミ、メグル、ボク」「鱗(うろこ)」の人気曲をライブで披露。
生徒たちの合唱とコラボする「ひまわりの約束」の演奏前には
サプライズでドラえもんも登場し、さらなる盛り上がりを見せました。
最後には約1,800人の観客がひとつになり、会場は深い感動に包まれました。

秦 基博 ライブ

合唱ライブ

合同練習会の様子/
秦 基博さんインタビュー

本番に向けて、秦さんと生徒たちによる事前の合同練習会が
2月12日に行われました。

最初は緊張していた生徒たちも、練習が進むにつれて
徐々に笑顔になり、最後はリラックスした状態で
秦さんとのコラボに向けた練習を楽しんでいました。

秦さんに一緒に歌う生徒たちへの思いや、
「歌の絆プロジェクト」への意気込みなどを聞きました。

参加高校の紹介

  • 宮城県気仙沼高等学校 合唱部
  • 宮城県塩釜高等学校 合唱部
  • 宮城県仙台二華高等学校 音楽部
  • 宮城県仙台西高等学校 合唱部
  • 宮城県仙台東高等学校 合唱部
  • 宮城県多賀城高等学校 合唱部
  • 宮城県農業高等学校 合唱部
  • 宮城県古川黎明高等学校 コーラス部

ボランティアスタッフとして参加しました。

当日は約29名の三菱商事グループ社員がボランティアスタッフとして参加。
来場者誘導や会場内清掃など、プロジェクトの運営をサポートしました。