CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries around the world

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

サステナビリティアドバイザリーコミッティー

各ステークホルダーを代表するコミッティーメンバーに対し、三菱商事のサステナビリティ施策の考え方をお伝えし、更には、ステークホルダーとのコミュニケーションをより良いものにすることを目的として、これらに関する助言・提言を頂いています。また、コミッティーメンバーに、当社事業の理解を深めて頂くべく、事業現場の視察を実施しています。2018年5月に開催した環境・CSRアドバイザリーコミッティーにおいては、サステナビリティ重要課題や気候変動、サプライチェーン等の各分野における取り組みや開示の在り方等についてご意見を頂きました。

サステナビリティアドバイザリーコミッティーメンバー (敬称略)

  • 荒井 勝 日本サステナブル投資フォーラム 会長
  • 足達 英一郎 (株)日本総合研究所 理事
  • 勝 恵子 キャスター
  • 末吉 竹二郎 国連環境計画・金融イニシアティブ
    特別アドバイザー
  • 日比 保史 コンサベーション・
    インターナショナル・ジャパン 代表
  • 中静 透 総合地球環境学研究所 特任教授
  • 黒田 かをり CSOネットワーク 事務局長・理事
  • ピーター・D・ピーダーセン (株)イースクエア 共同創業者

現場視察の実施

2016年秋には、長崎県五島列島において、三菱商事グループ企業が展開するマグロ養殖事業の現場視察を行いました。天然水産資源の維持に貢献する最先端の取り組みが紹介され、メンバーには世界の人口が増加する中において、動物たんぱく源の供給という観点から当該事業が果たしている役割を理解頂きました。

ページ上部へ