採用情報はこちら

コンシューマー産業グループ|生活者ニーズを捉え、より良い暮らしを実現する

事業紹介 コンシューマー産業グループ

事業紹介 コンシューマー産業グループ

事業紹介 コンシューマー産業グループ

事業紹介 コンシューマー産業グループ

コンシューマー産業
グループ

生活者ニーズを捉え、
より良い暮らしを実現する


事業のミッション

事業内容

リテイル、アパレル、ヘルスケア、食品流通・物流、タイヤ等の幅広い領域で、人々の生活を支える事業を展開しています。ますます多様化・細分化する生活者ニーズを的確に理解し、サプライチェーンの最適化と新たな需要創造に取り組むと同時に、サプライチェーン全体を通した社会・環境課題の解決に取り組んでいきます。

注力ポイント

ローソンをはじめとしたリテイル事業領域では、リアルとネットでの広い接点を活かして生活者の理解を深め、最適な情報・モノ・サービスの提供により、人々の暮らしをより豊かにすると同時に、地域経済の活性化を目指しています。三菱食品などの中間流通・物流事業領域では、産業や生活者のデータを活用し、DXを進めることで、需要創造・最適化を実現し、人々の生活を支える社会インフラとしての機能を強化します。


具体的なビジネスの紹介!

国内最大級の会員基盤で
創り出す新たな消費体験

国内最大級の会員基盤で創り出す新たな消費体験

三菱商事の出資先であるロイヤリティ マーケティングが運営する共通ポイントサービス「Ponta」は、約24万店*1の契約店舗と、1億83万人*2の会員をつなぐ、国内最大級のポイントサービスです。消費者にとっては、店舗やインターネットでの買い物、電気や通信といった生活インフラの支払いなど、さまざまな場面でポイントをためることができ、事業者にとっても顧客の獲得、リピートの促進につながるメリットがあります。

2019年12月には、三菱商事とPontaを運営するロイヤリティ マーケティング、KDDI、ローソンの4社が、ネットとリアルを融合した新たな消費体験の創造に向けて取り組むことで合意。KDDIのポイントサービスをPontaに統合することで、さらに拡大した会員基盤をベースにデータマーケティングを推進し、データや金融を絡めた次世代型サービスを展開していきます。その一環として、ローソンとKDDIが行ったお客さまの位置情報履歴に基づいたサービスを提供する実証実験では、ローソン店舗を利用しているお客さまに対し、消費期限が迫った商品の割引情報を通知することで食品ロス削減につなげたり、それぞれに合わせたお薦め商品情報を配信し、対象商品の購入でポイントを還元したりする取り組みに協力しました。こうした新たなサービスを通じ、顧客利便性の向上を図るとともに、社会課題の解決にも貢献していきます。

*1 2020年5月1日時点

*2 2021年3月末時点

ヘルスケア領域の
課題解決に貢献

ヘルスケア領域の課題解決に貢献

高齢化の進展や、それに伴う医療費の増大など、医療関連分野には解決すべき課題が多くあります。三菱商事グループは、医療材料や医薬品を共同購入することで調達価格を抑え、在庫管理の一元化によるコスト削減や、それぞれの医療機関に最適な医療機器・システムの導入支援などで医療現場をサポートし、病院経営のパートナーとして、共に経営改善に取り組んでいます。また、世界の優れた先端医療機器を導入することで、日本の質の高い医療制度の維持、発展を支えています。さらに今後は、デジタルツールやヘルスケアデータを活用し、生活者の健康ニーズに合わせた付加価値の高い予防ソリューションの提供にも力を入れていきます。

介護分野では、健康長寿社会への貢献に向けて、高齢者の自立支援に資する福祉用具レンタル事業のさらなる高度化を目指すとともに、最先端のデジタル技術も取り込みつつ生活支援物販や食事サービスなどの新規事業を一層強化し、新たな価値創造を目指しています。

日本で培った医療課題解決のノウハウを基盤に、海外事業にも注力しています。中国では医薬品卸最大手と提携し、日本と同様に病院経営における効率化・コスト削減に資する事業を展開。インドでは、デジタルを活用して、医薬品流通・小売り構造の効率化、予防医療サービスへの対応を進める新しい事業モデルの構築に取り組んでいます。