採用情報はこちら

天然ガスグループ|エネルギーの安定供給を支え、低・脱炭素化に挑む

事業紹介 天然ガスグループ

事業紹介 天然ガスグループ

事業紹介 天然ガスグループ

事業紹介 天然ガスグループ

天然ガス
グループ

エネルギーの安定供給を支え、
低・脱炭素化に挑む


事業のミッション

事業内容

低・脱炭素社会への移行という世界的潮流に対応したエネルギー事業を推進しています。天然ガスやLNG(液化天然ガス)は、他の化石燃料に比べ相対的に環境負荷が低く、アジアを中心に新興国の経済成長を支えるエネルギーです。北米、東南アジア、豪州、ロシアなど、世界中で展開するLNG事業を通じ、環境問題の解決と、エネルギーの安定供給の両立を図っていきます。

注力ポイント

1969年、日本が初めてLNGを輸入して以降、LNGの生産、輸送、トレーディング、輸入代行などに携わっています。50年以上にわたり培ってきた知見や、産ガス国、顧客との信頼関係を活かし、LNG事業のバリューチェーンを広げてきました。また、カナダにおけるシェールガス開発事業、シンガポールの販売子会社を通じたマーケティングなど、新事業にも挑戦中です。将来の脱炭素社会の実現に向け、よりクリーンなエネルギーの供給を目指し、天然ガス・LNG由来の水素開発や、CO2削減への寄与が期待されるCCUSなどの取り組みも推進しています。

※CCUS:Carbon Capture, Utilization and Storage。分離回収したCO2を有効利用(CCU)または貯留(CCS) すること


具体的なビジネスの紹介!

LNGの安定供給を支える
大型プロジェクト

LNGの安定供給を支える大型プロジェクト

タングーLNGプロジェクトは、インドネシア・西パプア州において、英国石油メジャーBP社をはじめとする権益保有者や、インドネシア政府、地元の地域コミュニティーとの緊密な協力によって実現しました。プロジェクトはインドネシア政府による最終承認を受け2005年にスタート。約4年間にわたる開発を経て、09年に生産を開始し、現在は年間760万トンの生産量を誇ります。

16年には、年間380万トンの生産能力を有する拡張プロジェクトへの投資が決定。天然ガスを液化する設備に加え、ガスを掘り出すための海上プラットフォームやLNG運搬船用の桟橋などを新設すべく、建設作業が進行中です。増産されるLNGの75%相当はインドネシア国営電力会社に供給され、今後も増加が予想される同国のエネルギー需給を支えることとなります。

インドネシアは東南アジア最大の天然ガス資源国です。同プロジェクトの供給力強化により、エネルギー調達先の多様化を進めるとともに、持続的な安定供給を通じ、世界のエネルギー市場に貢献していきます。

CO2を有効活用、
新技術が脱炭素を加速する

CO2を有効活用、新技術が脱炭素を加速する

脱炭素化への流れが加速する中、注目が高まっているのが、排ガスから分離・回収したCO2を有効利用するCCUをはじめとした、カーボンリサイクル技術です。三菱商事は、コンクリート原料の骨材製造にCO2を利用する技術を持つ米国Blue Planet Systems Corporation(Blue Planet)へ資金を提供。事業化に向けた協業契約を締結し、CO2削減に向けた取り組みを推進しています。

Blue Planetの技術は、未使用のまま固化したり廃棄されたりしたコンクリートから抽出したカルシウム成分と、発電所や工場などから出る排ガスに含まれるCO2を反応させ炭酸カルシウムを生成し、骨材として利用するもの。同社のCO2活用骨材は、米国サンフランシスコ国際空港での使用実績もあり、三菱商事は同社と共に行うシリコンバレー地区での実証実験を経て、本格的な商業展開を進める計画です。

セメント産業を含めた産業分野は、世界のCO2全排出量の約20%を占める主要排出源の一つです。コンクリートは建設業を中心に世界中で使用されており、コンクリート原料としてCO2を活用することで、数億トン規模のCO2削減効果が期待できます。三菱商事は、さまざまな技術と事業を掛け合わせたCCUに取り組み、低・脱炭素社会の実現に貢献していきます。