採用情報はこちら

電力ソリューショングループ|エネルギーを通じ、持続可能な社会づくりに貢献する

事業紹介 電力ソリューショングループ

事業紹介 電力ソリューショングループ

事業紹介 電力ソリューショングループ

事業紹介 電力ソリューショングループ

電力ソリューション
グループ

エネルギーを通じ、
持続可能な社会づくりに
貢献する


事業のミッション

事業内容

発電から消費者に電力を届けるエネルギーサービスまで、国内外のさまざまな事業を通じて生活に欠かせない電力の安定供給を支え、再生可能エネルギーを中心とした環境負荷の低い電源とデジタル技術を組み合わせることで、多様化するニーズに応えるとともに持続可能な社会づくりに貢献しています。

注力ポイント

地球温暖化への対策として重要度が高まる再生可能エネルギー分野では、オランダやベルギーでの洋上風力発電に加え、消費地に近い場所で地産地消の小規模な発電を行う分散型太陽光発電などの新規事業の創出にも力を入れています。また、電気自動車(EV)の普及に欠かせないリチウムイオン電池事業や、次世代のクリーンエネルギーとして期待されている水素事業への取組み等、低・脱炭素社会の実現や地球環境保全といった社会課題の解決への貢献を目指しています。


具体的なビジネスの紹介!

Enecoと拓く
次世代の電力事業

Enecoと拓く次世代の電力事業

Enecoは、オランダ、ベルギー、ドイツを中心に、再生可能エネルギー(以下、再エネ)を主軸とした発電をはじめ、電力・ガストレーディング、小売などの事業を展開する総合エネルギー事業会社です。他社に先駆けて再エネによる発電に取り組み、消費者に提供する電力を100%グリーン電力とするなど、欧州を代表するクリーンエネルギー会社として知られています。三菱商事は2020年、中部電力とともにEnecoの全株式を取得、日本企業が海外の電力会社を経営する初のケースとして、国内外で注目を集めています。

Enecoと拓く次世代の電力事業

電力を取り巻く事業環境は、再エネの利用を加速し化石燃料の使用を削減する脱炭素化(Decarbonization)、需要地ごとに小規模電源で発電する電源の分散化(Decentralization)、デジタル技術を活用した効率的な電力利用や省エネを実現するデジタル化(Digitalization)という「3つのD」に象徴される、大きな変化の中にあります。

こうした変化に対応し、事業を前進させるべく、Enecoへの出資を決定しました。これにより、三菱商事グループが保有する稼働中の洋上風力資産の持分容量は日系企業No.1となっています。Enecoという力強い仲間を得て、世界の人々の生活インフラを支えるとともに、低炭素社会への移行や地球環境の保全といった社会課題の解決に向け、次世代の電力事業モデルへの変革に取り組んでいます。