CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2009年2月18日
三菱重工業株式会社
三菱マテリアル株式会社
三菱商事株式会社
AREVA

総合原子燃料事業会社発足に向け株主間契約締結

三菱重工業株式会社(以下、三菱重工)、三菱マテリアル株式会社(同、三菱マテリアル)、三菱商事株式会社(同、三菱商事)の三菱グループ3 社は、AREVA を加え、原子燃料の設計・開発から製造・販売までを一貫して行う総合原子燃料事業会社(同、新会社)を合弁で発足させるため、17 日、株主間契約書に署名した。原子力発電の重要性が世界的に高まっていくことに応じて、高品質な原子燃料の安定供給に寄与していくのが狙い。
 
今回の株主間契約締結は、昨年末の4社による基本合意を受けたもの。4社は今後、この契約書に沿って、総合原子燃料事業会社の4月1日設立を目指していく。
 
新会社は、茨城県東海村にある三菱原子燃料株式会社(以下、三菱原子燃料:株主構成は三菱マテリアル66%、三菱重工34%)を承継会社とし、総合原子燃料事業会社として、加圧水型原子炉(PWR)、沸騰水型原子炉(BWR)用のウラン燃料、混合酸化物(MOX)燃料、および高温ガス炉用のウラン燃料を供給するほか、再転換役務などの関連サービスを提供していく。
尚、海外市場では、AREVA とは独立して、三菱PWR 燃料を以って参入し、三菱燃料の海外事業の拡大を図っていく。
 
【新会社概要】
会社名
三菱原子燃料株式会社(現三菱原子燃料株式会社を承継)
所在地
[本社及び工場] 茨城県東海村(現三菱原子燃料)
[東京本社] 東京都千代田区
資本金
114 億円
出資比率
三菱重工;35%、三菱マテリアル;30%、AREVA;30%、三菱商事;5%
取締役社長
井上 裕(現 三菱重工業 執行役員 原子力副事業本部長)が就任予定
従業員数
約540名
発足時期
2009 年4 月1 日(予定)
事業内容
原子燃料の開発・設計、製造、販売
 
また、三菱重工とAREVA は共同で、原子燃料を製造する為の新会社を米国に設立する事で協議を進めている。出資比率は三菱重工:50%、AREVA:50%。



 
以 上

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ