CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2009年3月5日

世界最大の太陽光発電事業へ参画

三菱商事は、世界最大級の総合新エネルギー事業会社であるAcciona S.A.(本社:スペイン、以下 アクシオナ社) が開発した、世界最大の太陽光発電事業への参画を決定致しましたので、下記の通りお知らせ致します。今回当社が参画するのは、アクシオナ社が保有する太陽光発電事業会社であるAmper Central Solar S.A.(本社ポルトガル、アンパーセントラルソーラー社、以下アンパー社)であり、同社の株式を34%取得することにアクシオナ社と合意したものです。本件を橋頭堡として、アクシオナ社との新エネルギー・環境事業分野での提携に向けた協業を推進していく予定です。
 
 
 
1. 案件概要
アクシオナ社は、太陽光発電を初めとして、風力発電や太陽熱発電などの新エネルギー発電事業を世界的に推進する世界トップの総合新エネルギー事業会社として、約6.5 ギガワット(650 万キロワット)の発電設備を保有(*1) しています。本案件は、アクシオナ社との初の共同案件として、EU 諸国内でも日射量が最も豊富な国の一つであるポルトガルMOURA(モーラ)地区にて、世界最大の太陽光発電所となる45.8 メガワット(45,800 キロワット)の発電を行うもので、同国にて導入されているフィードインタリフ(Feed In Tariff (*2) 再生可能電力に対する固定買取制度) の適用を昨年末に受け、既に商業運転が開始されています。本案件の総事業費は約2 億6,100 万ユーロで、年間発電量は93 ギガワットアワー(9,300 万キロワットアワー)を計画し、年間約89,000トンのCO2 削減効果(*3)が見込まれます。
 
2. 当社の狙い
当社は、新エネルギー・環境事業を本年4 月1 日付にて全社開発部門として位置づけ、世界規模での新エネルギー・環境事業の積極的な展開を図っていきます。既に世界規模で新エネルギー・環境事業分野を総合的に手掛けるアクシオナ社との、太陽熱、太陽光、風力事業等での提携を通じて、当社は新エネルギー・環境事業における世界のリーディングプレーヤーを目指します。
本件はアクシオナ社との提携の初号案件であり、今後両社にて新エネルギー・環境事業全般に関しての協業検討を開始致します。
 
3.パートナー概要
名称
Acciona S.A.(アクシオナ社、スペイン株式市場上場、IBEX 35 リスト企業)
事業内容
新エネルギー環境事業、インフラ事業、不動産事業等を手がける総合事業会社
本店所在地
スペイン(マドリッド)
沿革
1997 年にEntrecanarles & Tavora(エントレカナレス アンド タヴォラ)とCubiertas & MZOV(クビエルタス アンド エメソフ)の合併により設立
従業員数 
41,000 人(連結)
売上
約12,665 百万ユーロ(2008 年1 月~12 月)
主な株主構成
Entrecanales Group(エントレカナレス グループ) 59% 他
 
4.太陽光発電について
地球に達する太陽光エネルギーを1 0 0 %変換できるとすると、世界が1 年で消費する全エネルギーをわずか1 時間でまかなうことができるとされています。太陽の光を直接エネルギーに変換する太陽光発電は、発電時に温室効果ガスを排出しない上、枯渇の心配もないクリーンな発電方法として、地球温暖化防止の持続可能な解決策の1つと期待され、年率3 0~4 0 %で市場が拡大しています。特に、欧州市場においてフィードインタリフ導入後、風力・太陽光・太陽熱発電は急速に拡大しており、再生可能なエネルギーとして長期的に見ても著しい拡大が見込まれています。
 
*1) 2009 年2 月23 日に公表された同社HP 情報による
*2) FIT:再生可能電力に対する固定買取制度。ドイツ・スペインなど欧州を中心に導入が進んでおり、既存電力価格の3~5 倍程度の料金にて再生可能電力を買上げる制度。
*3) 一般的な石炭火力発電によるCO2 排出量との比較 
 
 
以上
 
サイト地図
サイト地図
サイト写真
サイト写真

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ