CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2009年1月26日

西アフリカ・ガボン共和国で新油田を発見

三菱商事の全額出資子会社であるエムピーディーシー・ガボン株式会社(本社:東京、以下MPDCガボン)は、この度、西アフリカ・ガボン共和国沖合で新油田を発見しました。
新油田は、ガボン南西部沖合のエベン(Ebene)鉱区にあり、ロシュ・イースト・マリン(Loche EastMarine、以下ロシュ・イースト)油田と命名され、直ちにガボン政府宛の開発申請が行われました。
エベン鉱区の探鉱権は、フランスの独立系石油開発会社で、ガボンで第三位の生産者であるペレンコ社(本社:パリ)が50%、MPDCガボンが50%保有しており、ロシュ・イースト油田については開発申請後も同様に両社の折半出資事業として推進していきます。ペレンコ社はエベン鉱区周辺の複数鉱区で原油生産を行っており、これらの既存設備を最大限利用して早期にロシュ・イースト油田の生産体制を整備していく予定です。
両社は、2007年 3月に行われた試掘作業において原油の存在を確認し、2008年 11月に行われた 2回目の試掘作業を通じて商業生産可能な規模の油田の存在を確認しました。
既に試掘井を使用した生産が行われており、現在の生産量は日量 1,000バレル程度ですが、今後本格的な開発に着手し、数年内に生産量を日量 2,000バレル以上に引き上げる予定です。同油田の可採埋蔵量は、生産開始後 10年間で最大 750万バレル程度、操業期間全体では最大1,400万バレル程度になると見ています。
MPDCガボンは、ガボンに計 4鉱区権益を保有しており、合計持分生産量は日量6,000-7,000バレルになります。ガボン共和国は、西アフリカで最も早く石油生産が本格化した国であり、石油開発におけるソフト・ハード両面でのインフラに秀でており、アフリカの産油国の中でも重要な地位を占めています。
西アフリカは、近年急速に石油開発が進められており、石油開発業界において世界で最も注目を浴びている地域の一つです。当社は、2001年に三菱石油開発株式会社(以下 MPDC)を子会社化(現 三菱商事石油開発株式会社)して石油開発事業を本格化させましたが、MPDCは同地域の将来性に早くから着目し、1970年代からガボンに進出した他、1980年代以来アンゴラにも進出しています。現在、MPDCガボンは、西アフリカで日本企業として最大の生産者となっています。
当社は石油・天然ガスの探鉱開発事業を重点戦略分野として推進しており、西アフリカ以外に、北アフリカ、東南アジア、米国メキシコ湾、英領北海、豪州、ロシア極東等で事業を推進し、エネルギーの安定供給を図っています。当社及びその関連会社の石油・天然ガス持分生産量は、現状、原油換算で日量約 90,000バレルです。
 
以上
 
【エムピーディーシ-・ガボン株式会社の概要】
会社名 :エムピーディーシー・ガボン株式会社
設立   :2001 年2 月1 日
所在地 :東京都千代田区丸の内2-3-1
資本金 :495 百万円
代表者 :代表取締役 真崎 宇弘
株主   :当社 100%
 
【MPDCガボン保有鉱区及びロシュ・イースト油田位置】
【MPDCガボン保有鉱区及びロシュ・イースト油田位置】

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ