CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries around the world

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2009年7月14日

世界最大(*1)の総合新エネルギー事業会社との戦略的提携について

三菱商事は、総合新エネルギー事業会社として世界最大であるAcciona S.A.(本社:スペイン、以下アクシオナ社) と、全世界を対象とした新エネルギー・環境事業を共同で推進することを目的に、包括的な戦略的提携に係る覚書を締結致しました。
両社はこの提携を通じて、世界的な環境意識の高まりに対応し、環境と経済を両立させる持続可能な事業を積極的に推進します。
 
 
1.戦略的提携の概要
当社とアクシオナ社は、新エネルギー発電事業である太陽光・風力・太陽熱・バイオエネルギーを中心とした事業を共同で開発・運営します。また、新エネルギー発電事業に加え、水事業や温室効果ガスの排出を抑制するような建造物や交通システムの構築など、環境・水事業分野でも広範な範囲で協業を検討します。
 
両社は本戦略的提携を通じて、全世界において新エネルギー発電プロジェクトや関連企業への共同出資を実施し、総額20億ユーロ(約2,600億円、130円/ユーロベース)規模のプロジェクト創出を目指します。
 
戦略的提携の第一歩として、本年3月に当社はアクシオナ社が保有する世界最大の太陽光発電事業であるAmper Central Solar S.A.(本社ポルトガル、アンパーセントラルソーラー社、以下アンパー社)の株式34%を取得しました。本案件は、ポルトガルMOURA(モーラ)地区にて、世界最大の太陽光発電所となる45.8メガワットの発電を行うもので、既に商業運転が開始されています。本案件の総事業費は約2億6,100万ユーロで、年間発電量は93ギガワットアワー(9,300万キロワットアワー)を計画し、年間約89,000トンのCO2削減効果(*2)が見込まれます。
 
戦略的提携には共同事業投資だけでなく、エネルギー、水、環境インフラなどの分野での共同研究・開発も含まれ、更には、両社間で人材交流やトレーニングプログラムを実施することで、両社の豊富なビジネス知見の共有と新たな価値の創造を目指します。
 
 
2. 当社の狙い
当社は、2009年4月1日に新エネルギー・環境事業分野を全社開発部門と定め、社長直轄組織として新しい組織を立ち上げました。当社の幅広い領域での事業経験と世界的なネットワークを活かし、既に世界規模で新エネルギー・環境事業分野を総合的に手掛けるアクシオナ社との協業を通じて、当社は新エネルギー・環境事業における世界のリーディングプレーヤーを目指します。
 
 
3.パートナー概要 
名称
:Acciona S.A.(アクシオナ社、スペイン株式市場上場、IBEX 35リスト企業)
事業内容
:新エネルギー環境事業、インフラ事業、不動産事業等を手がける総合事業会社で、新エネルギー発電設備として約7,000メガワット(700万キロワット)を保有しています。中でも、ポルトガルのアンパー社は世界最大である45.8メガワットの太陽光発電力を持ち、米国のNevada Solar One 社は64メガワットの太陽熱発電力(1990年代以降に建設された発電所として世界最大)を有しています。また、風力発電についても世界最大規模となるトータル5,700メガワット(570万キロワット)の発電設備を保有し、更には約30万トン/年のバイオ燃料製造も行っています。
本店所在地
:スペイン(マドリッド)
沿革
:1997年にEntrecanarles & Tavora(エントレカナレス アンド タヴォラ)とCubiertas & MZOV(クビエルタス アンド エメソフ)の合併により設立
従業員数
:35,000人(連結)
売上
:約12,665百万ユーロ(2008年1月~12月)
主な株主構成
:Entrecanales Group(エントレカナレス グループ) 59% 他
 
 
*1) 風力、太陽熱、太陽光、バイオエネルギーの全てに取り組んでいる事業会社を対象
*2) 一般的な石炭火力発電によるCO2排出量との比較
 
 
 
 

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ