CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2009年9月16日

九州大学創立100周年記念事業「東アジア環境問題プロジェクト」を支援
~ 「中国・太湖流域における水環境保全に関する研究」への寄付~

三菱商事は、九州大学創立100周年記念事業の一つとして位置付けられている「東アジア環境問題プロジェクト」を支援することとなりました。本プロジェクトは、九州大学が中国、韓国の大学と東アジアの環境問題に関して複数の共同研究を行うもので、当社はその中で、九州大学と中国の上海交通大学ならびに同済大学が共同で推進する「中国・太湖流域における水環境保全に関する研究」への寄付をいたします。
 
「中国・太湖流域における水環境保全に関する研究」は、「中国における河川・湖沼浄化プロジェクト(※)」の一環として、中国有数の淡水湖であり富栄養化によるアオコの発生等で深刻な水質汚染が進む太湖およびその周辺湖沼を対象とし、九州大学と上海交通大学ならびに同済大学が水質改善、周辺生態系の回復・保全等の共同研究を行うものです。
 (※)「中国における河川・湖沼浄化プロジェクト」は、九州大学が全学横断的に推進する「九州大学東アジア環境研究機構」(詳細は参考資料ご参照)の研究活動の一つに位置付けられており、九州大学と中国の大学等との共同研究ならびに人材交流等を通じ、中長期的な観点より中国の水環境の向上に寄与することを目指しています。
 
同研究は、当面、2009年から2014年まで実施される計画です。研究の場は江蘇省ならびに浙江省に跨る太湖および周辺湖沼となり、九州大学は中国の両大学との研究者の相互交流や学生の交換留学を通じ、共同研究を先導し、研究ノウハウを提供します。
 
当社は、東アジアの環境改善に貢献することを目指す九州大学の理念に賛同し、かつ将来的に全世界ベースで重要課題となり得る水環境分野での国際共同研究を支援することで、積極的に社会貢献を果たして行く所存です。
 
なお、今般の寄付決定に伴い、本日、九州大学と当社の連携・協力に関する覚書締結の式典を中国・上海にて開催いたします。式典には九州大学・上海交通大学・同済大学の各大学から副学長や関係教授陣、三菱商事中国副総代表、九州支社長を始めとする多数の関係者が参加する予定です。
 
当社は今後もグローバルに展開するネットワークを活かし、それぞれの地域社会の現状やニーズを的確に把握しながら、各拠点において従来取り組んできた社会貢献活動を更に充実させるとともに、新たな施策も積極的に推進していきたいと考えています。
 
                                                          以  上
 
九州大学東アジア環境研究機構について(詳細)
http://www.q-eaep.kyushu-u.ac.jp/ja/index.html

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705

関連情報

ページ上部へ