CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2009年10月7日

サハリンⅡプロジェクト:サハリンエナジー社融資契約調印のお知らせ

三菱商事が10% 出資するサハリンエナジー社(SE社)(当社、ガスプロム、ロイヤルダッチシェル並びに三井物産株式会社の共同出資)は、銀行団との間でサハリンIIプロジェクト向け14億ドルの貸付に関する融資契約を締結しました。本貸付に関しては、独立行政法人日本貿易保険(NEXI)が海外事業資金貸付保険を付保しており、銀行団は、本融資契約及び契約関係書類に基づき、SE社に総額14億ドルの融資を行う予定です。また、本融資契約と同時に、当社は、SE社の他の3株主と共に、プロジェクト完工までの保証を差入れました。
 
SE社は、2008年6月に事業資金の一部(53億ドル)の貸付に関する融資契約を締結済みですが、今般の14億ドルと合わせ借入れ総額は67億ドルになります。SE社は、今回調達した資金をサハリンIIプロジェクトのガス・石油生産井掘削や、本プロジェクトフェーズ2に含まれるその他設備の完工に向けて使用する予定です。
 
当社はSE社の株主として、本融資契約調印をサハリンIIプロジェクトにおける重要なマイルストーンと捉えており、引き続き本プロジェクトのエネルギー安定供給のサポートを継続していきます。
 
サハリンIIプロジェクトの概要
 
サハリンⅡは世界最大級の石油・ガス複合開発プロジェクトであり、約40億バレル相当(原油換算)の資源を有します。
 
サハリンエナジー社は、サハリンⅡプロジェクト株主の共同出資会社、且つ、オペレーターであり、株主構成は、ガスプロム 50%+1株、ロイヤルダッチシェル 27.5%-1株、三井物産12.5%、三菱商事10%となっております。
 
プロジェクトファイナンスは、主にプロジェクトのキャッシュフローを担保とする融資スキームであり、世界の石油・ガス産業界において一般的に利用されております。サハリンエナジー社は、2008年6月16日に国際協力銀行と市中銀行団との間でフェーズ2プロジェクトを対象とした53億ドルの融資契約を締結しております。

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ