CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2009年10月30日
三菱商事株式会社

2009年度第2四半期決算公表

三菱商事は10月30日(金)午後1時、2009年度第2四半期決算公表を行いました。
 
業績(連結決算・米国基準)の主要項目は、以下の通りです。

(億円)
 
2009年度第2四半期決算
2008年度第2四半期決算
売上高
80,719
131,806
売上総利益
5,104
7,573
営業利益
965
3,125
当期純利益
1,374
2,892
 
今回の決算では、最終的な損益を示す連結純利益は1,374億円と、前年同期に比べ52%、額にして1,518億円の減益となりました。
 
今回の決算の特徴は以下の通りです。
○     第2四半期の当期純利益が前年同期比で52%の減益
         昨年の金融危機に端を発した実体経済の急激な悪化によるもので、セグメント別には、前年度の資
         源価格高騰の反動などにより「金属グループ」「エネルギー事業グループ」での落ち込みが大きくな
         りました。
 
○     期初公表時の通期業績見通しに対する達成率が62%
        「金属グループ」、「機械グループ」が堅調に推移したことに加え、経費削減策の効果や、株価上昇
        により大口の減損が発生しなかったことにより、期初公表時の通期業績見通し2,200億円に対する
        達成率は62%と堅調に推移しました。
 
○     株主資本が前年度末と比較し大幅に改善
        利益の積み上がりによる内部留保の増加に加え、株価上昇や豪ドルに対する円安等の影響などに
        より包括損益も増加したことから、株主資本が前年度末から3,783億円改善し、2兆7,000億円
        台に回復しました。
 
【2009年度通期業績見通しについて】
       期初に設定した通期業績見通しに対する達成率が62%と堅調に推移しており、商品市況や株価に
       ついても見通しの前提から上昇していることから、期初に公表した業績見通しを200億円上方修正
       し、2,400億円としました。
 
詳しくは、2009年度第2四半期決算公表資料をご参照下さい。

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ