CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2009年12月21日

モンゴルにおけるウラン資源探鉱開発プロジェクトへの参画

三菱商事は、アレバ社(本社:フランスパリ市)がモンゴルのドルノゴビ県およびスフバートル県で推進中のウラン資源探鉱開発プロジェクトへの参画につき、同社と合意しました。
 
既知資源量においては世界第15位、未確認資源を含めると世界最大の資源ポテンシャルを有するとされるモンゴルにおいて、アレバ社は10年以上前から探査活動を進めており、現在はドルノゴビ県およびスフバートル県に合計14,000km2超、36鉱区の探鉱ライセンスを有しています。当社は、アレバ社が支出した過去の探鉱費用と今後の探鉱及び事前調査費用を按分負担することにより本プロジェクトに参画し、権益を保有するアレバの完全子会社であるアレバ・モンゴル社の株式の34%を将来時点において取得する権利を保有することになります。
 
近年、ドルノゴビ県の鉱区において高いポテンシャルが期待される鉱床が発見されており、今後はアレバ・モンゴル社と当社が協力して、更なる探鉱・調査活動を推進します。アレバ社はフランスに本社を置き、ウランの採掘、精錬・加工から原子力プラント部門、再処理部門までを有する総合原子力企業であります。
 
温暖化ガスの排出レベルが低い原子力発電は、環境負荷の小さいエネルギー源として再評価されております。本プロジェクトは、原子力発電の燃料であるウラン精鉱の将来的な安定供給への貢献を目指すものであり、地球温暖化防止にも貢献するものであります。
 
当社は、ウラン資源探鉱・開発分野においてカナダと豪州でも探鉱プロジェクトを推進しており、本プロジェクトはこれに続く案件となります。

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ