CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

新卒採用:よくあるご質問 FAQ

 

三菱商事について

Q.01三菱商事の事業概要について教えてください。

三菱商事は、世界約90の国・地域に広がる当社の拠点と約1,700の連結事業会社と協働しながらビジネスを展開しています。コーポレートスタッフ部門、及び天然ガス、総合素材、石油・化学、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティ、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発の10営業グループ体制で、貿易のみならず、パートナーと共に、世界中の現場で開発や生産・製造などの役割も自ら担っています。

Q.02三菱商事はどういった人材を求めていますか。

三菱商事は、経営人材が育つ会社を目指しています。経営人材とは、経営マインドをもって事業価値向上にコミットする人材です。経営人材に大切な3つの能力があります。1つ目は、内外環境の変化を想定し先を見据えた戦略を練り上げる「構想力」。2つ目は、人と組織を牽引し最後までやり抜く「実行力」。そして3つ目は、謙虚さと誠実さを持って周囲から信頼される「高い倫理観」です。多様な経験や不断の自己研鑽を通じて、自らもこれらの能力を備え、経営人材になることを志す人材を求めます。

Q.03三菱商事の人材育成の基本方針と研修制度について教えてください。

三菱商事の人材育成は、経営マインドをもって事業価値向上にコミットする人材を輩出し続けることを基本方針としており、OJTを基本としながら、OFF-JT(人材育成プログラム)を組み合わせ、「構想力」「実行力」「倫理観」を段階的に高い水準に開発していくことに取り組んでいます。
内定者や入社1~3年目までの若手社員の基礎能力強化としては、財務会計・簿記・M&A・英語力・IT等、実務を担うプロフェッショナルとしての基礎スキルを総合的に習得するためのプログラムを設けています。
また、事業の更なるグローバル展開に対応し、人材面でのグローバル競争力を強化するため、原則として入社8年目までに全職員に海外経験を積む、若手社員向けの海外派遣制度「グローバル研修生制度」を実施しています。
その後も、段階的な経営人材育成プログラムとして、国内外ビジネススクール講師を起用した最先端のビジネススキルの習得・向上のプログラムや海外主要校の短期ビジネススクールへの派遣にも力を入れています。
その他詳細は、弊社ホームページ内の人材育成・活躍促進ページをご確認ください。

Q.04三菱商事のダイバーシティマネジメントの考え方について教えてください。

三菱商事グループには、性別や国籍の違いだけでなく、さまざまなライフスタイル、多様な価値観を持つ社員が在籍しています。三菱商事グループがこれからも継続的企業価値を創出するには、多様な人材が価値観を共有し、切磋琢磨しながら成長していくことが不可欠です。三菱商事グループにおけるダイバーシティマネジメントの意義は、「経営環境の変化に対応できる、柔軟で強い組織をつくること」にあると考えています。企業理念である「三綱領」の精神を共有しながら、①性別、地域によらず、広く優秀な人材の獲得・活躍促進、②背景・価値観等の違いによる、新たな視点や発想を、経営・事業創造や地域展開に活かすこと、③多様な人材が、職場で受容され、活かされることによる、組織全体のパフォーマンス向上、を目指しています。その他詳細は、弊社ホームページ内のダイバーシティマネジメントページをご確認ください。

Q.05三菱商事での女性のキャリアについて教えてください。

三菱商事は女性のキャリア形成と継続のために、すでに、育児休職からのスムーズな復帰をサポートするための託児所の確保、育児・介護と仕事を両立するための柔軟な勤務時間の設定、配偶者の転勤同行に伴う退職時の再雇用制度の導入など、各種支援策を講じています。今後も各種施策の充実・浸透を図り、また、三菱商事グループ全体の女性の活躍推進にも取り組んでいきます。 詳しくは弊社ホームページ内の女性活躍推進ページをご確認ください。

採用選考について

Q.01学士、修士(博士課程含む)による採用基準の違いはありますか。
  • 違いはありません。新卒採用では、学士・修士共に、三菱商事が推進するビジネスに要求される資質・能力についてのポテンシャルがあるかを重視して採用選考を行っています。大学院等で習得した専門性を入社後すぐに活かしたい、という希望がある場合には、面接等を通じ、マッチング可能かを検討します。
  • 博士課程(修士課程後期)についても、学士・修士の方と同様の基準で採用選考を行っています。また、初任給等の待遇面は、修士修了見込の方と同様です。
Q.02専攻(理系・文系)による採用基準の違いはありますか。

違いはありません。理系出身者の採用実績は、2017年度が159人中45人、2018年度が154人中35人、2019年度が127人中32人です。世間一般には文系のイメージが強い商社業界ですが、理系の採用も積極的に行っています。

Q.03性別、国籍等による採用基準の違いはありますか。

違いはありません。性別、国籍問わず、同一の基準で選考しております。

Q.04年齢制限はありますか。

年齢制限は設けていません。募集要項を満たしていれば、年齢に関係なく採用選考を受けていただくことが可能です。

Q.05海外大学の学生は応募することができますか。

応募資格を満たしている方であればどなたでもご応募いただけます。①6月選考、②7月選考のいずれかにご応募いただくこととなります(併願はできません)。

Q.06TOEICや簿記等の資格を持っていると選考で有利になるのでしょうか。

採用選考の際に、有利になる資格はありません。TOEICやTOEFLのスコアをお持ちの方は、選考の際に参考にさせていただきますが、あくまでも面接では、皆さんの適性等を総合的に勘案して選考を行います。一方、入社後は業務を遂行する上で一定レベルの英語力が求められるため、内定期間中に自己研鑽してもらう機会を設けております。

Q.07社員訪問(OB/OG訪問)をした方が選考で有利になるのでしょうか。

社員(OB/OG)訪問は、選考に全く影響ありません。

ページ上部へ