三菱商事

サプライチェーンマネジメント

世界中で多様な商品・サービスを取り扱う三菱商事にとって、サプライチェーンにおけるCSRは重要な課題のひとつとなっています。三菱商事では、人権・労働問題・地球環境等への取り組みの方針となる「サプライチェーンにおけるCSR行動ガイドライン」を制定し、当社の基本的な考え方をサプライヤーの皆様と共有しています。

基本原則

三菱商事は、「三綱領」を創業以来の企業理念とし、企業の社会的責任を履行する上での拠り所としています。「企業行動指針」においても、企業活動の展開に当っては、諸法規や国際的な取決めを遵守し、社会規範に沿った責任ある行動を取ること、また企業活動のあらゆる面において地球環境の保全に努め、持続可能な発展を目指すことを定めています。

サプライチェーンにおけるCSR行動ガイドライン (2011年12月改訂)

  1. 方針

    三菱商事は、サプライチェーンを通じたCSRの取組を推進するため、「サプライチェーンにおけるCSR行動ガイドライン」を定め、サプライヤーに対して三菱商事の基本的な考え方をお伝えするとともに、以下に定める項目への賛同と理解、実践を期待します。

    • (1)強制労働の禁止

      すべての従業員をその自由意思において雇用し、また従業員に強制的な労働を行わせない。

    • (2)児童労働の禁止

      最低就業年齢に満たない児童対象者を雇用せず、また児童の発達を損なうような就労をさせてはならない。

    • (3)安全で衛生的かつ健康的な労働環境の提供

      従業員に対して、安全で衛生的かつ健康的な労働環境の提供に努める。

    • (4)従業員の団結権の尊重

      労働環境や賃金水準等の労使間協議を実現する手段としての従業員の団結権を尊重する。

    • (5)差別の禁止

      雇用における差別をなくし、職場における機会均等と処遇における公平の実現に努める。

    • (6)非人道的な扱いの禁止

      従業員の人権を尊重し、虐待や各種のハラスメント(嫌がらせ)をはじめとする過酷で非人道的な扱いを禁止する。

    • (7)適切な労働時間の管理

      従業員の労働時間・休日・休暇を適切に管理する。

    • (8)適切な賃金の確保

      従業員には少なくとも法定最低賃金を支払い、また賃金の不当な減額を行わない。

    • (9)公正な取引と腐敗防止の徹底

      国内外の関係法令を遵守し、公正な取引及び腐敗防止を徹底する。

    • (10)地球環境への配慮

      事業の遂行に際しては、地球環境の保全に努め地域社会及び生態系への影響に配慮する。

    • (11)情報開示

      上記に関する適時・適切な情報開示を行う。

  2. モニタリング

    本方針の遵守状況を把握するため、サプライヤーに対する定期的な調査を実施します。
    また、活動地域や事業内容から、必要と判断される場合には、サプライヤーを訪問し活動状況の確認を行います。

  3. 遵守違反への対応

    本方針に違反する事例が確認された場合には、対象となるサプライヤーに是正措置を求めるとともに、必要に応じて、指導・支援を行います。
    継続的な指導・支援を行っても、是正が困難と判断された場合には、当該サプライヤーとの取引を見直します。

アンケート調査とサプライヤー現地視察の実施

当社は、農作物やアパレルなどCSR配慮が強く求められている商品を取り扱うサプライヤーに対して、アンケート調査を実施しています。

質問項目は「規範の有無、法令遵守」「従業員に対する強制労働、児童労働、差別の禁止」「環境保全」「情報開示」などで、2015年度実績(2016年度調査実施)は40カ国・地域、439社より回答をいただきました。

今回の結果からは特に問題は見られませんでしたが、このアンケート調査と実態調査を通じた各サプライヤーとのコミュニケーションは、当社の環境・CSRに関する考え方を伝えるきっかけとなっており、今後も継続的に取り組んでいきます。

サプライヤー現地視察の実施

  • Olam Colombia社の取引先であるコーヒー農園を視察

三菱商事は、サプライチェーンにおいても環境・社会性面のマネジメントが重要であると認識し、「サプライチェーンにおけるCSR行動ガイドライン」を策定しています。同ガイドラインを取引先関係者の皆様と共有することのみならず、その遵守状況を確認するための定期的なアンケート調査を実施しています。

また、当社の社員による現地の視察も行っています。2016年度は当社がコロンビアから調達するコーヒー取引に関し、当社の重要な事業パートナーであるOlam Colombia社※1のBest Practiceの理解を深める為に、同社のコーヒー精選所、及び同社やコロンビアのコーヒー輸出業者であるFNC社の調達先であるコーヒー農園を訪問致しました。視察先はいずれも、強制労働や児童労働などサプライチェーン・マネジメント上問題がないことを確認しました。なお、今回の訪問を契機に、現場において更に改善が可能な労働安全衛生面に係る事項が発見され、速やかにその改善がなされました(安全標識の追加設置等)。三菱商事は、今後もこれらの改善を三菱商事グループ各社と連携の上、サプライヤーの皆様と共に継続的に取り組んで参ります。

  • ※1Olam Colombia社はOlam International Limited (Olam社) の子会社。

過去の視察レポートはこちら

Modern Slavery Act 2015(英国 現代奴隷法)への対応

三菱商事は英国においてもビジネスを展開する事業者として、英国で施行されたModern Slavery Act 2015に基づき、2016年度の声明を公表しています。詳しくは、当社の「2016年度 現代奴隷法に係る声明」をご覧ください。

三菱商事 2016年度 現代奴隷法に係る声明(英文)(PDF:112KB)

仮訳(和文)はこちら(PDF:267KB)

クロマグロ類について

三菱商事は水産物を扱っている企業として、漁業資源の保全や次世代への水産物の供給確保が当社にとっての重要な役割の一つと考えています。当社のクロマグロ類に関する考え方や実施している取組みの詳細は、当社の「クロマグロ類に関する声明」をご覧ください。

クロマグロ類に関する声明(仮訳)(2017年7月28日更新) (PDF:144KB)

ページ上部へ