三菱商事について

三菱商事は、世界約90の国・地域に広がる当社の拠点と約1,400の連結事業会社と協働しながらビジネスを展開しています。
天然ガス、総合素材、石油・化学、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティ、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発の10グループ体制で、幅広い産業を事業領域としており、貿易のみならず、パートナーと共に、世界中の現場で開発や生産・製造などの役割も自ら担っています。
これからも私たちは、常に公明正大で品格のある行動を信条に、豊かな社会の実現に貢献することを目指し、さらなる成長に向けて全力で取り組んでいきます。

社名: 三菱商事株式会社
創立日: 1954年7月1日(設立日 1950年4月1日)
代表者: 代表取締役 社長 垣内 威彦
資本金: 204,446,667,326円
発行済株式総数: 1,590,076,851株
従業員数: 単体 6,016名  連結 79,994名
連結対象会社数: 1,453(2019年6月30日現在)

(2019年3月31日現在)

本店所在地

丸の内オフィス

三菱商事ビルディング 東京都千代田区丸の内二丁目3番1号
丸の内パークビルディング 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号

新しいウィンドウ所在地・地図 (グローバルサイト (日本語))

三菱商事の三綱領

三綱領は、企業の社会的責任に対する取り組み(CSR)への三菱商事のビジョンと戦略の基盤を成しています。

三綱領

所期奉公(しょきほうこう)

事業を通じ、物心共に豊かな社会の実現に努力すると同時に、かけがえのない地球環境の維持にも貢献する。

処事光明(しょじこうめい)

公明正大で品格のある行動を旨とし、活動の公開性、透明性を堅持する。

立業貿易(りつぎょうぼうえき)

全世界的、宇宙的視野に立脚した事業展開を図る。

ページ上部へ

a subsidiary of Mitsubishi Corporation