アンバサダー 高橋 勇市 Yuichi Takahashi

陸上選手

三菱商事(株)所属(秋田県横手市出身)

高校2年生の時に、目の疾患「白点状網膜症」と診断。その後、難病「網膜色素変性症」を併発。34歳で完全に失明。現在に至る。

2004年 アテネパラリンピック マラソン(視覚障害) 金メダリスト
2006年 世界陸上競技選手権オランダ大会 マラソン(視覚障害) 金メダリスト
2008年 北京パラリンピック マラソン(視覚障害) 16位
2011年 世界陸上競技選手権ニュージーランド大会 マラソン(視覚障害)4位入賞
2012年 ロンドンパラリンピック マラソン(視覚障害) 7位入賞
2013年 世界陸上競技選手権フランス大会 マラソン(視覚障害) 出場

なお、2004年4月国際盲人マラソンかすみがうら大会にて、2時間37分43秒の当時、世界最高記録を樹立。天皇陛下より銀杯授与・内閣総理大臣賞・厚生労働大臣賞・秋田県民栄誉賞・横手市民栄誉賞・東京都北区民栄誉賞など、数々の賞を受賞。バリアフリーを訴えて署名活動、講演会活動を展開するなど社会貢献にも力を入れている。

サポーター 今井 友明 Tomoaki Imai

ウィルチェアーラグビー選手(1.0クラス)

三菱商事(株)所属(千葉県我孫子市出身)

2009年 本格的にウィルチェアーラグビーの練習を開始
2013年 ウィルチェアーラグビー日本代表強化選手に選出
2014年 World Championships(デンマーク)出場(日本代表チーム4位)
2015年 三菱商事2015 IWRFアジアオセアニアチャンピオンシップ出場
1.0クラスベストプレーヤー賞受賞(日本代表チーム優勝)

サポーター 池崎 大輔 Daisuke Ikezaki

ウィルチェアーラグビー選手(3.0クラス)

三菱商事(株)所属(北海道函館市出身)

2009年 北海道Big Dippers入団
2010年 日本代表に選出
2010年 World Championships(カナダ)出場
3.0クラスベストプレーヤー賞受賞(日本代表チーム3位)
2011年 IWRF アジア•オセアニアゾーン選手権(韓国)出場
3.0クラスベストプレーヤー賞受賞(日本代表チーム2位)
2012年 ロンドン・パラリンピック出場(日本代表チーム4位)
2014年 World Championships(デンマーク)出場(日本代表チーム4位)
2015年 三菱商事2015 IWRFアジアオセアニアチャンピオンシップ出場
3.0クラスベストプレーヤー賞及びMVP受賞(日本代表チーム優勝)

サポーター 高橋 尚子 Naoko Takahashi

中学から本格的に陸上競技を始め、県立岐阜商業高校、大阪学院大学を経て実業団へ。1998年名古屋国際女子マラソンで初優勝、以来マラソン6連勝。2000年シドニー五輪金メダルを獲得し、同年国民栄誉賞受賞。2001年ベルリンでは女性として初めて2時間20分を切る世界記録(当時)を樹立する。

サポーター 根木 慎志 Shinji Negi

高校3年の時、交通事故により脊髄を損傷。以後車椅子の生活を余儀なくされる。2000年シドニーパラリンピックでは、男子車椅子バスケットボール日本代表チームのキャプテンを務める。現在は、日本パラリンピック委員会運営委員、アスリートネットワーク副理事長として活躍中。

サポーター 高田 朋枝 Tomoe Takada

5歳の頃から視力が低下し、網膜色素変性症と診断される。2002、2003年と日本ゴールボール選手権大会準優勝。2007年日本ゴールボール選手権大会で最多得点賞を受賞、チームを優勝に導く。国際試合でも活躍し、2008年インターナショナル・ゴールボール・クラシック第4位。2008年北京パラリンピック第7位入賞。

サポーター 廣道 純 Jun Hiromichi

1989年、高校1年の時、バイクに乗って事故を起こし、脊髄損傷により車椅子生活となる。2000年シドニーパラリンピック車いす陸上800mで銀メダルを獲得。2004年アテネパラリンピック800mで銅メダルを獲得し、2大会連続でメダルを獲得する快挙を成し遂げる。

サポーター 佐藤 隆信 Takanobu Sato

三菱商事太陽(株)所属。23歳のとき転落事故により脊髄を損傷し車椅子生活となる。大分国際車いすマラソン大会には1988年の第8回大会から出場。

サポーター サラ・オレイン Sarah Àlainn

オーストラリア・シドニー出身。5歳よりヴァイオリンを始め、オーストラリア国内のコンクールで優勝を重ねる。2012年、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。今回のプロジェクトテーマソングに起用された「Dream As One」を歌う。

ページ上部へ