三菱商事

沿革

三菱商事の沿革

設立~1970年代

1954年、総合商社・三菱商事が新発足し、東京・大阪両証券取引所に株式上場。1967年、三菱商事初の経営計画を発表。1968年、初の大型投資となるブルネイでのLNG開発事業への投資決定。オーストラリアやカナダの鉄鉱石・原料炭、メキシコの塩田事業に代表される、単なる商取引にとどまらない開発投資型ビジネスをグローバルに展開。1971年、英文社名を“Mitsubishi Corporation”とする。

1980年代

新たな収益体制の構築に向け、業務の合理化・効率化に着手。1986年、社内に売上高より収益重視の方針を徹底し、経営計画「K-PLAN」を策定。1989年には、ロンドン証券取引所に上場。

1990年代

1992年、「健全なグローバル・エンタプライズ」を目標とする経営方針発表。連結重視と資産の優良化を進めるとともに、組織・人材のグローバル化を強化。1998年、経営計画「MC2000」を策定、事業の選択と集中、戦略分野の強化、顧客志向重視の方針を打ち出し、足場固めに着手した。

2000年代~

2001年、経営計画「MC2003」を策定。バリューチェーンの拡大・収益力強化に加え、新規事業の創出を重点施策とするなど「攻めの経営」へ転じる。2004年、経営計画「INNOVATION 2007」を策定。2007年、イノベーション事業グループ、新産業金融事業グループを新設。2008年、経営計画「INNOVATION 2009」を発表。2009年、イノベーション事業グループを発展的に改組し、全社開発部門を設置。2010年4月、全社開発部門を地球環境事業開発部門・ビジネスサービス部門に改組し拡充を図る。2010年7月、経営計画「中期経営計画 2012」を発表。収益モデルの多様化を踏まえたマネジメントシステムや経営インフラの整備を図る。2013年5月「経営戦略2015」を発表。

あゆみ 「挑戦」の原点 - 三菱の創業者 岩崎彌太郎をはじめとする岩崎家の4代に渡る「挑戦」のエピソードをご紹介すると共に、現在の三菱商事が発足した1954年以降の歴史を振り返ります。
ページ上部へ