三菱商事

社長メッセージ

社長の小林でございます。

2011年3月11日に発生した東日本大震災から3年が経ちました。改めて、大震災で犠牲となられた方々、そして被災された方々に心からのお悔みとお見舞いを申し上げたいと思います。

私自身、直近では今年1月に被災地を訪ねましたが、陸前高田市で住宅の高台移転工事などが進む様子を見た時、「復旧」から復興に向かって「新しい街づくり」が始まっていると強く感じました。一方で、いまだ多くの方々が仮設住宅などで生活されているという現実があり、被災された方々の雇用や生活再建など多くの課題が残されています。

三菱商事は、震災直後に総額100億円の三菱商事 東日本大震災復興支援基金を創設。被災地へ社員ボランティアを派遣すると共に、被災により修学が困難となった大学生への奨学金制度と、被災地域で復興支援に携わるNPO等への助成金制度を設けました。その後、一時的な寄附ではなく地元産業を継続的に支援し雇用を創出することを目的に、2012年3月に「三菱商事復興支援財団」を設立。これまでに31件の事業者への投融資を決め、ホテルをはじめ水産関連や造船会社、農業生産法人、飲食や小売りなどの企業がすでに稼働しています。

私たちは、地元産業の復興、そして一人でも多くの雇用につながるよう、引き続き産業復興・雇用創出支援に取り組むとともに、今後は三菱商事グループのネットワークや知見を活かし、地元産業の成長につながるようなスケールの大きな支援に取り組んでまいります。

2014年3月