三菱商事

社長メッセージ

社長の小林でございます。

三菱商事は7月1日、 財閥解体を経て大合同による新生・三菱商事発足以来60年という記念すべき日を迎えました。

この60年を振り返ると、世界は目まぐるしく変化し、私たち三菱商事もその変化に応じて柔軟に「会社のかたち」を変え、社会と共に成長してきました。
そして今、地政学的リスクの高まりやシェール革命による産業構造の変化など、世界は変化のスピードを加速させ、その度合いもさらに大きくなりつつあります。

こうした変化の時代にあっても、三菱商事は企業理念である「三綱領」の精神の下、事業活動を通じて日本や世界の課題を解決し、自らの持続的成長はもとより、グローバルに社会全体が持続的発展を遂げていくことへ貢献することを追求し続けています。

また、「経営戦略2015」で打ち出した、2020年頃に事業規模を倍増するという長期目標のイメージの実現に向け、事業戦略・市場戦略を引き続き着実に実行すると共に、社会価値、環境価値を含めた企業価値創出に継続的に取り組み、社会や環境との共生にも注力していきます。

60周年という節目の年を、さらなる成長に向けての新たなスタートと位置付け、私たちの歩みがグローバルな社会全体の、そして自らの持続的発展につながるよう、社員一丸となって歩みを進めていきます。

2014年7月
小林 健

ページ上部へ