三菱商事

社長メッセージ

社長の小林でございます。

今年は三菱商事にとって、「経営戦略2015」の最終年、総仕上げの年です。世界経済は、資源価格の下落や、新興国が世界経済の成長エンジンになり切れないなど非常に難しい局面にあり、日本経済は、原油安・円安・ゼロ金利というかつてない状況をどう活かし成長していくかが喫緊の課題です。

このような状況下、私たちは、「隗(かい)より始めよ」という言葉が示す通り、三菱商事グループとして出来ることから着実に実行していきます。「経営戦略2015」の達成に一丸となって取り組み、2020年に向けた更なる第一歩を踏み出したいと思います。

また、社業を発展させることはもちろん、三菱商事グループとして果たすべき社会的責任にも、実行できることから着手していきます。それは、政府の成長戦略で掲げられている地方創生に取り組むことです。私たちは過去4年近く、三菱商事復興支援財団を通じて東北地方の地元企業約40社に出資し、その成果が出ています。これからも更なる雇用創出を含め、積極的に取り組んでいきます。

三菱商事は、「三綱領」の理念の下、自らの持続的な成長はもとより、事業活動を通じて日本や世界の課題を解決し、グローバルな社会全体の持続的発展に貢献することを追求し続けています。

2015年1月
小林 健

「隗(かい)より始めよ」:大きな事業や計画を始めるときには、まずは身近なことから着手するのがいいというたとえ。

2015年 社長年頭挨拶(2015年1月5日)

ページ上部へ