三菱商事

社長メッセージ

代表取締役 社長の小林 健です。

三菱商事は、「経営戦略2015」の総仕上げの段階を迎えています。世界経済は、新興国の成長鈍化や資源価格の低迷に加え、金融市場および資源価格のボラティリティの増大など、先が見通し難い状況にあり、中東情勢の混迷やテロの脅威の世界的拡大など、地政学的リスクも従来以上に高まっています。

私たちを取り巻く環境は厳しさを増す一方ですが、2020年の目標達成に向けて、事業戦略の転換や、将来のプラットフォームとなる事業の仕込みは順調に進展しています。今後も、厳しい環境に怯むことなく、適切な打ち手を適時に実行していくことで、成長戦略に全力で取り組み、その歩みをさらに確かなものとしていきたいと思います。

また、社業を発展させることはもちろん、三菱商事グループとして果たすべき社会的責任にも、実行できることから着手しています。この3月で東日本大震災から5年が経ちます。私たちはこの間、三菱商事復興支援財団を通じて東北地方の地元企業40社超に投融資を行い、その成果が現れています。これからもさらなる雇用創出や地域経済の活性化に、積極的に取り組んでいきます。

三菱商事は、「三綱領」の理念の下、自らの持続的な成長はもとより、事業活動を通じて日本や世界の課題を解決し、グローバルな社会全体の持続的発展に貢献することを追求し続けていきます。

2016年1月
代表取締役 社長
小林 健

ページ上部へ