三菱商事

プレスルーム

2012年1月5日
三菱商事株式会社

ペルーにおける燐鉱石鉱山開発プロジェクトに参画

三菱商事株式会社は、インド大手肥料メーカーであるZuari Industries Limited(以下ズアリ社)と共に、ペルー大手セメント会社であるCementos Pacasmayo S.A.A.(以下パカスマヨ社)の子会社であるFosfatos del Pacifico S.A.(Fospac以下フォスパック社)社が権益を保有し、開発を進めているペルー国ピウラ郡バイオバール地区における燐鉱石鉱山開発プロジェクトに参画するため、フォスパック社株式を取得しました。
 
当社とズアリ社はシンガポールに共同で設立した特別目的会社MCA Phosphates Pte. Ltd.(エムシーエー フォスフェーツ社)を通じて、フォスパック社株式の30%を取得しました。 当社のフォスパック社株式持分は実質21%となります。 同時に、当社はフォスパック社が生産する燐鉱石の輸出数量全量を20年間に亘り引取る権利を取得し、世界市場に販売してまいります。年間生産量は約250万トンで、2015年に操業を開始する予定です。 当社の本権益の取得金額を含めた総投資金額は約100億円となります。
 
世界的な人口増による食料増産、経済発展による食肉消費量の増加に伴う穀物需要の増加、加えてバイオ燃料の需要増大、耕地面積減少などの要因により、肥料需要の成長は年率3~5%で増加する見通しとなっております。

肥料の主原料である燐鉱石は、産出国が限られることによる寡占化、資源の枯渇、最大生産国である中国の輸出制限等により、今後需給が逼迫すると予想されております。ペルー燐鉱石は内陸輸送コスト、深度が浅いことによる、採掘コスト等に優位性があることから、世界市場における同資源の希少性、偏在性も相俟って新規ソースとしてプレゼンスが高まることが期待されております。
 
当社は、本プロジェクトを通じて、有望な肥料資源権益を獲得の上、成長市場であるインド゙を始め
世界市場の需要増に対応した安定供給とペルーの経済発展に貢献していきます。
 
以 上
 
                                                                                                                            
(会社概要)
・パカスマヨ社
ペルー第5位のHochschildグループが株式の67.5%を保有するグループの創業企業であり、ペルー株式市場にて上場し、同国北部を中心にセメント・コンクリート事業を展開しております。
パカスマヨと並ぶグループの中核企業のHochschild Mining社は、ロンドン株式市場に上場し、ペルー、アルゼンチン、メキシコ、カナダの4ヶ国で金・銀等の採掘事業を行っております。
 
・ズアリ社
大手財閥Adventzグループの中核会社にてインド株式市場にも上場しており、国内肥料生産・販売量に於いて民間では最大手の肥料製造・輸入企業であります。
 
・エムシーエーフォスフェーツ社
わが社とズアリ社がシンガポールに共同で設立し、わが社が株式の70%、ズアリ社が株式の30%を保有する特別目的会社であります。
鉱区地図
鉱区地図

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ