三菱商事

プレスルーム

2012年4月17日

米国産天然ガス液化契約に係るキャメロンLNG社との基本契約合意

三菱商事は、センプラ・エナジー社(本社:米国カリフォルニア州サン・ディエゴ)の子会社であるキャメロンLNG社(本社:米国カリフォルニア州サン・ディエゴ)との間で、約400万トン/年の米国産天然ガスの液化契約に関する主要条件に合意し、今後、正式契約締結に向けて協議を行うこととなりました。
 
昨今、米国では天然ガスの急激な生産増に伴い、液化天然ガス(LNG)輸入用に建設された基地に天然ガスの液化設備を新たに併合させることで、LNG輸入基地を輸出基地に転用する動きが進んでおります。
 
キャメロンLNG社が保有するキャメロンLNG輸入基地(所在地:ルイジアナ州ハックベリー)も、輸出基地への転用工事を2013年後半より開始し、年間1,200万トンのLNGを2016年末より生産・輸出する計画が現在検討されております。現在、キャメロンLNG社は、自由貿易協定(FTA)締結国向けのLNG輸出許可を米国エネルギー省から取得しておりますが、日本を含むFTA未締結国向けの輸出許可は2011年12月に申請され、現在、承認待ちの状態です。
 
当社は、原料となる天然ガスを市場から調達のうえ、LNG基地運営者であるキャメロンLNG社に約400万トン/年の天然ガスの液化作業(LNG生産作業)を委託して、生産されたLNGを需要家に販売します。なお、原料ガスについては、当社が34%保有する米独立系ガスマーケティング会社であるシーマ・エナジー社(本社:テキサス州ヒューストン)などを通じての調達も検討します。
 
日本は現在、LNGの大部分を東南アジアおよび中東から輸入しておりますが、米国からもLNGを輸入することで、調達先の多様化に繋げるのみならず、米国内の天然ガス市場も活用した柔軟性のある供給計画を実現させ、エネルギーの安定調達を目指します。
<液化契約イメージ図>
<液化契約イメージ図>
<キャメロンLNG基地>
<キャメロンLNG基地>

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ