化学品本部

台湾三菱商事化学品本部はあらゆる産業に必要不可欠な化学品原料・製品(合成樹脂原料、合成繊維原料、化学肥料、無機原料、合成樹脂、電子材料、生化学製品など)のビジネスを通じて、豊かな社会の実現に貢献しています。

組織

  • 基礎化学品部
  • 石油化学品部
  • 合成樹脂部
  • 機能化学品部
  • 精密化学品部

概要

台湾三菱商事の化学品本部は、競争力のある資源や原料といった川上の汎用化学品分野から、合成樹脂や電子材料などの川下へ展開している機能化学品、ないし先端技術の事業化や新産業に取り組む精密化学品分野においてビジネスを展開しています。

主要マーケットとしては、石油化学品業界、肥料業界、化学薬品業界、塗料・接着剤業界、繊維業界、電気・電子・半導体・液晶業界、医薬・医療業界、流通業界、食品・食料業界、農業・畜産業界、自動車業界、建築業界、通信業界などがあり、豊かな社会の実現に貢献しています。

戦略

台湾域内、日本向けのみならず、全世界を駆け回り、幅広い市場のニーズに対応する為、物流拠点の構築や注力分野(特に半導体、液晶、通信分野)への人的資源の重点配置などにより、商社機能の高付加価値化を図っています。

その他、日台合弁会社をサポートし、投資案件にも積極的に取り組んでいます。

取扱品目

石油化学製品:
オレフィン、芳香族(アロマ)、合繊原料、スチレンモノマー、塩ビ原料、塩ビ、可塑剤原料、可塑剤、ウレタン原料、肥料、メタノール、アンモニア、MMA、フェノール、フェノール誘導体 他

合成樹脂製品:
ポリオレフィン全般(HDPE/LLDPE/LDPE/PP)
エンジニアリングプラスチック(PC/POM/PPE/ナイロン6/PPS/LCP/PS/ABS)、PET樹脂、合成ゴム、アクリルコーティングレジン

機能、精密化学製品:
無機化学品(触媒、硫黄、硫酸、黄燐、ヨード、炭素製品等)
農薬、医薬中間体、食品添加物、特殊塗料
機能性ポリマー(シリコーン、フッ素樹脂製品等)

電子材料 (半導体材料:高純度薬液、半導体パッケージ材料等
 液晶用材料:高純度薬液、光学フィルム等、プリント配線基板関連材料)
電子部品 (機構部品、液晶製品)

ページ上部へ

a subsidiary of Mitsubishi Corporation