機械・電力・能源本部

台湾三菱商事 機械・電力・能源本部は、電力、交通システム等のインフラ、船舶、産業機械、自動車、エネルギー等の幅広いビジネスに携わっています。

組織

  • 電力部
  • 機械部
  • 自動車部
  • エネルギー部

概要

電力部では発電設備供給・アフターサービス、並びに関連事業開発を行っており、機械部では、重機、プラント、船舶、交通、産業機械に加え、水・環境事業にも取り組んでおり、多岐に亘った商品を取り扱っています。

自動車部は、主に台湾を中心に、中国大陸及びアセアン地域における自動車輸出入ビジネス(完成車・組立部品・補用部品)や台湾域内における環境対応車の普及事業へも取り組んでおります。

エネルギー部では、エネルギー資源の安定供給を実現すべく、LNG、原油、一般炭等を取扱っています。

戦略

機械・電力・能源本部は幅広い事業領域でのネットワーク・信用力・知見を活かし、台湾の重要顧客、パートナーとの協業拡大、場所主導型ビジネスの発信に更に力を入れ、新規ビジネス開発・事業投資から販売に至るまで、バリューチェーンの拡大を目指しています。

取扱品目

電力、交通システム、船舶、自動車、製鉄、水・環境、LNGなどの重要なインフラ・エネルギー関連ビジネス。

電力関連:台湾、中国大陸及び海外向け発電設備全般(火力、水力、原子力、再生可能エネルギー(洋上風力・太陽光等)、その他)。大型プロジェクト・中小型自家発電設備の供給、アフターサービスまで幅広く対応。

交通関連:交通システム、船舶、並びにそれ等の関連機器。

産業機械:産業機械、タイヤ製造設備。

その他:化学プラント、製鉄等のプラント設備。

自動車:完成車、組立部品、補用部品、環境対応車(プラグイン ハイブリッド自動車/電気自動車)。

エネルギー関連製品:LNG、原油および石油製品、炭素製品、一般炭等。

ページ上部へ

a subsidiary of Mitsubishi Corporation