第9回福岡YMCAインターナショナル・チャリティーラン2018開催

開催日:11月4日(日)

11月4日(日)、福岡市の大濠公園にて「第9回福岡YMCAインターナショナル・チャリティーラン2018」が開催されました。当イベントは、福岡YMCAの取り組む発達障がい児向けプログラム「ぱれっとクラブ」の活動資金に収益金全額が充てられるチャリティーイベントです。

今大会全体では運営ボランティア 45名、ランナー 166名が参加。三菱商事はこれまで運営ボランティアを中心とした少人数での参加でしたが、今年は近隣所在のMCグループ会社を含む総勢58名(運営ボランティア 18名、ランナー 8チーム 計40名)という昨年の倍の人数が参加しました。

当日は天気にも恵まれ、ランナーとして参加したMCグループ会社の皆さんは、一周2キロの大濠池をぐるりと回るコースを軽快に走ってタスキをつなぎ、運営ボランティアに参加した皆さんは、運営作業にあたりながら各選手に声援を送り、それぞれがとても気持ちの良い一日を過ごすことができました。

また、「三菱商事 DREAM AS ONE.賞」には、「ぱれっとクラブ」から宣言タイムレースに出場していた『チーム パレット』が選ばれました。同じく宣言タイムレースにランナーとして出場していた中島九州支社長より健闘を称えられ、メダルを授与されました。

第32回YMCAインターナショナル・チャリティーラン東京大会開催

開催日:9月23日(日・祝)

9月23日(日・祝)、木場公園で第32回YMCAインターナショナル・チャリティーラン東京大会が開催されました。このイベントは、障がいのある子どもたちを支援するとともに、“障がい”への社会的な理解と関心を高めることを目的とした駅伝大会です。

第32回大会となる本年は、三菱商事からグループ会社を含む40名がランナーおよび運営ボランティアとして参加し、大会全体では1,500名が参加しました。

当日は清々しい秋晴れの中、1チーム6名の駅伝方式で、木場公園内の特設コースを各チームが全力で走り抜けました。

また、障がい者、健常者、みんなで力を合わせて走り切ったチームに授与する三菱商事「DREAM AS ONE」賞には、東京YMCA西東京コミュニティーセンター「チーム24」が選ばれました。

今回集まった支援金は、YMCAが行う障がいのある子ども達を対象としたキャンプなどの野外活動プログラムに活用されます。

第24回大阪YMCAインターナショナル・チャリティーラン2018開催

開催日:9月24日(月・振休)

9月24日(月・振休)花博記念公園鶴見緑地で、「第24回大阪YMCAインターナショナル・チャリティーラン2018」が開催されました。このイベントは、障害のある子どもたちを支援するとともに、“障がい”への社会的な関心を高めることを目的とした駅伝大会であり、三菱商事の障がい者スポーツ応援プロジェクト「DREAM AS ONE.」の一つとして、継続的に支援しています。

今回は三菱商事関西支社から3チーム、グループ会社からは日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社と株式会社メタルワンがランナーとして参加。たすきリレーでは、当社が17チーム中3位入賞をはたすなど、大いに盛り上がりました。

また、「三菱商事DREAM AS ONE.賞」には、知的障がい児水泳教室の「エンジェルスイミング」チームが選ばれ、当社から賞状とメダルを授与しました。

第24回仙台YMCAインターナショナル・チャリティーラン2018開催

開催日:9月23日(日・祝)

9月23日(日・祝)、東北学院大学泉キャンパス陸上競技場にて「第24回仙台YMCAインターナショナル・チャリティーラン2018」が開催されました。このイベントは、障がいのある子どもたちを支援するとともに、障がいへの社会的な関心を高めることを目的とした駅伝大会です。三菱商事の障がい者スポーツ応援プロジェクト「DREAM AS ONE.」の一つとして、この活動を継続的に支援しています。

当日は天候にも恵まれ、選手532名、その他ボランティアを含む延べ879名が参加しました。東北支社からは、MCグループ会社を含む16名が駅伝とファミリーランに参加、キャンパス内の特設コースをそれぞれが思い思いのスタイルで走り、チャリティーランを楽しみました。

ページ上部へ