CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

環境の保全

かけがえのない地球環境を未来へと伝え、人と自然が調和した豊かな社会を実現するため、三菱商事は地球環境の保全に取り組んでいきます。

サンゴ礁保全プロジェクト(沖縄・セーシェル・オーストラリア)

サンゴ礁保全プロジェクト(沖縄・ミッドウェイ・セーシェル)

2005年度より、世界のサンゴ礁を保全し、サンゴ礁危機の原因や影響を究明する活動「サンゴ礁保全プロジェクト」に取り組んでいます。このプロジェクトでは、産(三菱商事)・学(大学)・民(NGOなど)が連携し、研究活動を行うとともに、社内外から募集したボランティアが環境問題について理解を深めてもらうプログラムも実施しています。

「サンゴ礁保全プロジェクト」ページ

熱帯林再生プロジェクト(マレーシア・ブラジル・ケニア・インドネシア)

森林再生プロジェクト(ケニア・マレーシア・中国・ブラジル・インドネシア)

1990年より取り組んでいる「熱帯林再生プロジェクト」では、現地固有の樹種を密植・混植方式で植林することで、40~50年という短期間で自然林に近い生態系をよみがえらせることを目指しています。

「熱帯林再生プロジェクト」ページ

森林保全プロジェクト「三菱商事千年の森」

森林再生プロジェクト「三菱商事千年の森」

三菱商事は、三菱グループの創業者・岩崎彌太郎の生誕地である高知県安芸市において、森づくり事業を開始しました。これは、三菱商事として、国内では初の森林保全の取り組みとなります。

「森林保全プロジェクト」ページ

三菱商事米州財団(MCFA)

三菱商事米州財団(MCFA:Mitsubishi Corporation Foundation for the Americas)は、米国三菱商事が当社とともに設立した、米州の社会問題の解決に寄与するための財団です。

MCFAのミッションは、私たちが生活する環境の物理的・社会的側面の両方を取り巻く、環境保全活動・環境教育を米州全体で推進することで、設立以来約1,180万米ドル(約12.8億円)の資金援助を行っています。

現在の活動には、ブラジル・ペルーのアマゾン川流域における野性生物保護協会(Wildlife Conservation Society:WCS)の環境保護活動に対する支援や、農村の開発を目指す非営利の社会投資ファンド「ルートキャピタル」を通じた、南米の小規模農家の支援などがあります。

MC Foundation for the Americas (MCFA)

三菱商事欧州アフリカ基金(MCFEA)

三菱商事欧州アフリカ基金(MCFEA:Mitsubishi Corporation Fund for Europe and Africa)は1992年、当社と英国三菱商事会社(当時)が設立し、英国で登録された基金です。設立以来、MCFEAはさまざまな団体を通して欧州やアフリカの環境および開発プロジェクトに約530万英ポンド(約7.4億円)の資金援助を行っています。支援は、Earthwatch Institute、SolarAid、Farm Africa、BirdLife Internationalなど多岐にわたるパートナー組織を通じて行われています。その一つ、NGOのWaterAidは、世界の最も貧困な人々に安全な水と衛生を届けることで、健康や生活の質向上に大きく貢献しています。

Mitsubishi Corporation Fund for Europe and Africa (MCFEA)

中国緑化基金会との生態モデル林プロジェクト

中国緑化基金会との生態モデル林プロジェクト

2006年から11年間中国全土で緑化活動を展開している中国緑化基金会と協力し、貴州省・河北省・内モンゴル自治区・甘粛省などで植林活動を実施しました。

植樹による生態環境の改善のほか、果樹などの収穫により地域の経済発展に貢献するプロジェクトで、社員ボランティアも植樹に参加しました。

ページ上部へ