CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • East Asia
  • Asia
  • Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • East Asia
  • Asia
  • Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Oceania

三菱商事

CSR通信 2022年

  • インクルーシブ社会の実現
  • 次世代の育成・自立
  • 環境の保全

3月

環境の保全

第63回 丸の内市民環境フォーラム(オンライン)開催

3月16日(水)、社会を取り巻く環境問題をテーマに東京海上日動火災保険と三菱商事が1993年から共催している講演会「丸の内市民環境フォーラム」をオンラインにて開催、約300名の方にご参加いただきました。第63回目となる今回は、建築家で東京大学特別教授・名誉教授である隈研吾さんを講師としてお迎えし、「森に帰る~コロナ後の都市と村」と題して、隈研吾さんの手掛けた国内外の数々の建築物について、それぞれのコンセプトや利用者に寄り添う想いまで、多くの画像とともにご紹介いただきました。

アンケートでは「木造建築の素晴らしさと大きな可能性に感動した」「デザイン性に加え、環境や地域の活性化等深い意義があることを知りますます魅力的に感じた」などたくさんの感想が寄せられました。

2月

次世代の育成・自立

三菱商事アート・ゲート・プログラム(2021-2022)MCAGP EXCHANGE開催

三菱商事アート・ゲート・プログラムは今年度よりリニューアルし、スカラシップ(学生)・ブレイクスルー(新人)・アクティベーション(中堅)の3つの異なるキャリアステージにいるアーティストに向け、資金援助だけでなく学びの機会としてメンタリングを取り入れるなど、積極的にアーティストの成長や創作活動の発展をサポートしています。

2月25日(金)、アーティストが考えていることを広く共有すること、また支援アーティスト同士の横断的な交流を図ることを目的とした「MCAGP EXCHANGE」をオンラインにて開催しました。

有識者によるレクチャーを含めたスカラシップ交流会、ブレイクスルーとアクティベーション支援アーティストたちによる中間活動報告会、そしてメンターや事務局メンバーも含めた全体の交流会という構成で実施、新型コロナウィルスの感染拡大下で交流が難しい時期の開催となりましたが、活発なディスカッション等によりそれぞれについて理解を深める機会となりました。

三菱商事は、次世代を担うアーティストを支援・育成をすることは創造性溢れる豊かな社会の実現につながると考え、引き続き本プログラムに取り組んでいきます。

インクルーシブ社会の実現

関西支社 京都国立博物館 障がい者特別鑑賞会を開催

2月21日(月)、京都国立博物館を休館日に貸し切り、障がい者特別鑑賞会を初開催しました。本プログラムは京都国立博物館と三菱商事関西支社が協働で、障がいのある方とその付き添いの方を招待したものです。

当日は招待客68名に、感染予防対策のなされた会場でゆっくりと作品を楽しんでいただきました。

次世代の育成・自立

ボランティアセミナー 「コロナ禍での子どもの家の奮闘」 認定NPO法人ESAアジア教育支援の会 活動報告

2月17日(木)、2020年度トークン寄附先の1つである認定NPO法人ESAアジア教育支援の会によるオンライン報告会を開催し、三菱商事およびグループ企業の社員50名超が参加しました。

当社では社員のボランティア活動1回の参加に対し500円の仮想通貨を積み立てる『トークン 制度』を導入しています。年度毎に集計した合計金額を社員からの投票に基づき、社会貢献活動の3軸である「インクルーシブ社会の実現」「次世代の育成・自立」「環境の保全」に沿った活動をしている複数団体に寄附しており、その一環として、同会にも寄附を実施しました。

当日は辻事務局長より、同会の活動やバングラデシュの教育環境についてお話いただくとともに、貧しい境遇におかれた小学校1年生から中学生までの女子が生活するバングラデシュ・ダッカの「ボトムリーホーム」において、当社からの寄附が具体的にどのように役立っているかを中心にお話しいただきました。

同会はバングラデシュとインドの6地域において、子どもたちの教育支援活動を40年以上にわたって行っており、当社とは絵本製作やスパイス仕分けボランティア、チャリティーバザーで協働しています。

1月

次世代の育成・自立

三菱商事高校生海外留学奨学金 壮行会開催

三菱商事は公益財団法人AFS日本協会を通じて、奨学金による高校生の海外留学を支援しています。

1月21日(金)、本年渡航予定の奨学生49名および保護者を招いてオンライン壮行会を開催しました。奨学生全員に決意を書いた紙を画面上に提示してもらった後、代表して5名に口頭での発表もしてもらいました。奨学生からは「留学先では、たくさんのことを経験し挑戦したい。現地の人と仲良くなり意見交換する中で成長したい。」といった決意が述べられました。

ページ上部へ