CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2011年10月14日

米国にて再生可能エネルギーの導入を支えるガスタービン発電所を新設

三菱商事株式会社(以下、当社)が出資する在米国Diamond Generating Corporation(以下DGC)は、米国カリフォルニア州において、再生可能エネルギーの導入を支えるガスタービン発電所を2件新設します。建設費用は合わせて約900億円、発電容量は合わせて100万キロワットとなります。

マリポサ発電所 (カリフォルニア州アラメダ郡)
発電容量20万キロワット。DGCが100%所有し、建設費用は240百万ドル(約200億円)です。2012年7月より、同州のパシフィック・ガス・アンド・エレクトリック社に売電を開始する予定です。
 
センティネル発電所 (カリフォルニア州リバーサイド郡)
発電容量80万キロワット。DGCがパートナーである米国Competitive Power Ventures、GE Energy Financial Servicesとともに所有し、建設費用は920百万ドル(約700億円)です。2013年8月より、同州のサザン・カリフォルニア・エジソン社に売電を開始する予定です。
 
米国では、風力発電や太陽光発電が急速に増加する一方で、電力需要のピーク時、並びに、天候により風力・太陽光発電所からの送電量が低下する際、素早く発電して電力を供給できるガスタービン発電設備(ピーク電源用ガスタービン発電所、以下、ピーカー)を拡充することが課題となっています。DGCは、こうした需要に対応するため、2004年にカリフォルニア州内で2件のピーカー(インディゴ発電所、ラークスパー発電所)を100%で買収し、運営ノウハウを蓄えてきましたが、この度、その実績を活かしつつ、新しく2件のピーカー(マリポサ発電所、センティネル発電所)を新設・運営するものです。
 
DGCはピーカーの新設・運営で、再生可能エネルギーの導入を支えるとともに、風力発電事業(2010年10月に運転を開始したゴーシェンⅡ発電所、本年末に売電を開始するロックランド発電所)も展開しており、今後とも、複数の発電様式を組み合わせながら、米国社会の需要に応えることを目指しています。DGCは現在、200万キロワットの持分容量を保有しておりますが、今後、現在建設中の各発電所が商業運転を開始することにより、計64万キロワット(マリポサ:20万キロワット、センティネル:40万キロワット、ロックランド:4万キロワット)が積み上がり、合計で264万キロワットとなります。
 
当社は、2010年7月に発表した中期経営計画において、地球環境事業を全社戦略分野と位置付け、現在、地球環境事業開発部門にて、再生可能エネルギーを含む発電事業を積極的に推進しています。今後、2015年までに、全世界での持分容量を、現在の370万キロワットから600万キロワットに引き上げ、うち約1-2割を風力や太陽光などの再生可能エネルギーで賄う計画です。


〔参考〕

1.新設する2発電所の概要/各発電所の所在地
 
発電所名
マリポサ発電所
センティネル発電所
建設費用
240百万ドル(約200億円)
920百万ドル(約700億円)
発電容量
20万キロワット
80万キロワット
DGC出資比率
100%
50%
他パートナー
CPV、GEFS
建設場所
カリフォルニア州 アラメダ郡
カリフォルニア州 リバーサイド郡
売電先
パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック社
サザン・カリフォルニア・エジソン社
売電開始時期
2012年7月
2013年8月
 
 
 

2.DGCの概要
(1)本社所在地 : 333 South Grand Avenue, Suite 1570, Los Angeles, CA 
(2)設立       : 1999年10月
(3)株主構成   : 三菱商事 100%
(4)事業内容   : 独立系発電事業
(5)代表者     : 朝倉 康之
 
3.三菱商事の概要
(1)     本社所在地 : 東京都千代田区丸の内二丁目3番1号
(2)     設  立     : 1950年4月
(3)     資 本 金   : 2,033億円
(4)     事業内容   :新産業金融事業、エネルギー事業、金属、機械、化学品、生活産業の6グループに、ビジネスサービス、地球環境事業開発の2部門を加えた体制にて、幅広い産業を事業領域として、多角的なビジネスを展開
(5)     売 上 高   : 19兆2,334億円(連結)
(6)     従業員数   : 58,470人(2011年3月末時点、連結)
(7)     代 表 者   : 代表取締役社長 小林 健
 

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2511 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ