CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

東日本大震災復興支援活動

三菱商事は、2011年4月、被災地の復旧・復興支援に総力をあげて取り組むことを目的に4年間総額100億円の東日本大震災復興支援基金を創設しました。社員によるボランティア活動のほか、義捐金や緊急支援物資・機器の提供、被災した大学生への奨学金の給付、復興支援に関わるNPOやNGOへの助成など、被災した地域の状況やニーズに合わせてさまざまな活動を展開してきました。

2012年春には、より柔軟かつ継続的な支援を展開していくことを目的に、三菱商事復興支援財団を設立。復興支援基金から、奨学金制度およびNPOなどへの助成金制度を継承するとともに、被災地のより力強い復興に向けて、産業復興や雇用創出に寄与する取り組みを開始しました。

2015年度には、更なる活動のための資金として、同財団に対する35億円の追加拠出を決定し、従来の活動を継続するとともに、財団を通じて福島県郡山市で果樹農業の6次産業化を支援する「ふくしまワイナリープロジェクト」を開始しています。

  • 概要図
  • 金額

    三菱商事および三菱商事復興支援財団の活動を含めた概算の金額

三菱商事復興支援財団

三菱商事東日本大震災復興支援基金の一部を拠出する形で2012年3月に設立し、5月には公益財団法人の認定を取得。三菱商事が行ってきた支援活動を継承するとともに、被災地の経済復興に向けて、新たに産業再生や雇用創出に寄与する取り組みを展開しています。

ボランティア活動

三菱商事は、「被災地で復興の手伝いをしたい」との数多くの社員の声を受け、震災直後から社員ボランティアの活動を実施しています。2018年度末までに、三菱商事グループの社員約4,900名が参加しており、現在も活動を継続しています。

活動のレポートは、こちらをご覧ください。

産業復興・雇用創出支援

三菱商事は、三菱商事復興支援財団を通じて、地元金融機関と協働し、「産業復興・雇用創出支援」を展開しています。2012年度からの支援案件は合計で51件となりました。

学生支援奨学金

被災により修学が困難になった学生を支援。2018年度末までに延べ4,900名に奨学金を給付しました。

復興支援助成金

被災地で復興支援に携わるNPOや社会福祉法人などをサポート。425案件に助成金を支給しました。

ふくしまワイナリープロジェクト

三菱商事復興支援財団が福島県郡山市と連携協定を締結し、 2015年から果樹農業の6次産業化を支援するための「ふくしまワイナリープロジェクト」を推進しています。郡山市に建設した「ふくしま逢瀬ワイナリー」で、福島県産の果物を使ったワインやリキュールを製造しています。

  • 事業の全体像
  • 6次産業化モデルの確立へ
ページ上部へ