CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

サンゴ礁とは

非常に美しい海の景観をつくり出し、生き物たちに恵みを与えるサンゴ礁。なぜ、サンゴ礁の保全が必要なのかを考えるために、サンゴとはどんな生き物なのかを探ってみましょう。

サンゴとは?

サンゴとは?

一見すると動きがまったくないことから、サンゴ礁を構成するサンゴは「植物」あるいは「鉱物」のように考えている人もいるかもしれませんが、サンゴは、イソギンチャクやクラゲと同じ刺胞動物と呼ばれる「動物」で、小さな個体がいくつも集まって群体を形成しています。一つひとつのサンゴは右のイラストのようにポリプと呼ばれる本体と石灰質の骨格の部分でつくられています。枝状やテーブル状、塊状に成長。それが幾重にも積み重なって、サンゴ礁という複雑な「地形」をつくるのです。ポリプには触手に囲まれた口があり、ここで摂食や排泄、産卵などを行っています。細胞内には藻を共生させ、互いに補い合って生きています。

サンゴはポリプがたくさん集まって全体をつくっています

サンゴはイラストのように、口も胃もあり、エサを食べ卵も産む刺胞動物です。サンゴの体の中には褐虫藻という植物プランクトンがたくさん入っています。

サンゴ礁とは?

サンゴ礁とはサンゴがつくった石灰質の骨格が、長い時間をかけて積み重なり海面近くまで高くなった「地形」のことをいいます。サンゴはそこに存在するほかの生物や水中の栄養分など、さまざまな要因を受けながら、生態活動を行っているのです。現在、世界で見られるサンゴ礁は5000年以上生きているものが多く、分布範囲は、世界100カ国以上の領域にわたり、面積にして60万平方キロを超えるといわれています。

サンゴ礁は形状によって大きく三つのタイプに分けられます

裾礁(きょしょう:Fringing reef)

裾礁(きょしょう:Fringing reef)

陸地とサンゴ礁が接した地形。サンゴの生育に適した海域に、海底噴火や隆起によって陸ができると、周囲の浅瀬にサンゴが付着。サンゴは外側へと成長を続け、島を縁取るようにして広がっていく。

堡礁(ほしょう:Barrier reef)

堡礁(ほしょう:Barrier reef)

陸地とサンゴ礁の間に水深数十m の浅い海(ラグーン)を持つ地形。裾礁の状態から地殻変動や海水面上昇で島が徐々に沈み、外洋のほうでサンゴ礁が発達するとこのような地形になる。

環礁(かんしょう:Atoll)

環礁(かんしょう:Atoll)

完全に島が沈み、リング状に島の輪郭の形をしたサンゴ礁だけが残った地形。リーフ(礁原)の上に砂が集まり、小さな島をつくることもある。モルディブやマーシャル諸島などが知られている。

ページ上部へ