CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2013年3月19日
三菱商事株式会社
株式会社産業革新機構

イタリアで最大級の太陽光発電事業に初参入

三菱商事株式会社(以下、三菱商事)、株式会社産業革新機構(以下、INCJ)及びイタリアSolar Ventures S.R.L.(以下、ソーラーベンチャーズ社)は、ソーラーベンチャーズ社がイタリアで運営中の太陽光発電事業を今後3社で行うことに合意致しました。これにより、三菱商事とINCJは、今回初めてイタリアでの太陽光発電事業に参入することとなります。
 
本合意に基づき、三菱商事とINCJは、Solar Holding S.R.L.(以下、ソーラーホールディング社)の株式を譲り受け、以降ソーラーホールディング社を、三菱商事50%、INCJ35%、ソーラーベンチャーズ社15%の合弁会社として、運営して参ります。
 
ソーラーホールディング社がイタリア国内に保有する太陽光発電所は現在19か所(場所は次頁地図ご参照)、総発電容量は4.2万kW、総発電量は58GWhであり、イタリアの約2万世帯にクリーンな電力を供給しております。ソーラーホールディング社は、イタリアで再生可能エネルギーが導入され始めた初期段階から太陽光事業に参入し、これまでに10万kW以上の開発・運営実績を有しております。同社の太陽光発電設備には高品質のシリコン系パネルを使用しており、当該分野の経験豊富なマネジメントチームを有していることから、同社の発電量は当初計画を上回るレベルで推移しております。
 
太陽光発電事業は、グローバルに成長する再生可能エネルギーの中心となる可能性を持つ産業であり、イタリアは世界でも有数の日射量(日本の約1.25倍)を誇り、現在ドイツ(約32百万kW)に次いで世界第2位の太陽光発電(16百万kW)の導入量となっています。
 
今後、三菱商事とINCJは、太陽光発電の先進国であるイタリアにて、日本企業がリードする大規模なプラットフォームを形成し、同国における発電事業の展開及びノウハウの蓄積に邁進していく予定です。イタリアでは今後も太陽光発電事業の拡張が見込まれており、三菱商事、INCJ並びにソーラーベンチャーズ社の3社は、同国において10万~15万kWの発電容量追加取得を検討しており、同国において積極的に太陽光発電事業を展開して参ります。
 
【地図】
 
 
 
 
【ピエモンテ州にある太陽光発電所の一つ】 
 
 
 
【会社概要】
1. ソーラーホールディング社の概要
(1) 本社所在地
: Galleria San Babila 4/B, Milan, Italy
(2) 事業内容
: 太陽光発電事業。イタリア国内において、19カ所、総発電量4.2万kWpの発電事業を展開。
2. 三菱商事の概要
(1) 本社所在地
: 東京都千代田区丸の内二丁目3番1号
(2) 設立
: 1950年4月
(3) 資本金
: 2,044億円
(4) 事業内容
: 新産業金融事業、エネルギー事業、金属、機械、化学品、生活産業の6グループに、ビジネスサービス、地球環境・インフラ事業開発の2部門を加えた体制にて、幅広い産業を事業領域として、多角的なビジネスを展開。
(5) 売上高
: 20兆1,263億円(2012年3月末、連結ベース)
(6) 従業員数
: 63,058人(2012年3月末、連結ベース)
(7) 代表者
: 代表取締役社長 小林 健
 
3. 産業革新機構(INCJ)の概要
INCJ は、投資・技術・経営等で多様な経験をもつ民間人材によって運営されており、法令に基づき、当社内に設置している産業革新委員会にて、政府の定める支援基準に従って投資の可否の判断を行い、日本の産業革新に資する投資を実施いたします。
INCJ では、これまでに合計36件・総額約6,000億円の投資決定を発表しました。当面、環境エネルギーにも関連するエレクトロニクスやIT の分野、バイオ・ライフサイエンス分野、水ビジネス等インフラ関連分野などにおいて、知財ファンドによる先端的な基礎技術の事業展開、ベンチャー企業等の事業拡大、技術等を核とした事業の再編・統合、海外企業の買収等による積極的な海外展開などに対してハンズオン投資を行ってまいります。
4. ソーラーベンチャーズ社の概要
(1) 本社所在地
: Galleria San Babila 4/B, Milan, Italy
(2) 事業内容
: 2005年よりイタリアおよびその他の地域で、開発から運営管理を含めた太陽光発電事業を積極的に展開。太陽光発電先進国イタリアにおいて、同社は市場黎明期から発電事業に取り組んできた企業であり、これまでに15万kW以上の太陽光発電所の建設若しくは開発の実績を保有。
 
 

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ