CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2015年2月13日
日本製紙株式会社
三菱商事株式会社

徳島県小松島市(日本製紙社有地)でメガソーラー稼働
~共同出資で四国最大級の約2.1万キロワット、FIT活用で電力を販売~

日本製紙株式会社(社長:馬城 文雄 以下、日本製紙)と三菱商事株式会社(社長:小林 健 以下、三菱商事)は、徳島県小松島市に日本製紙が所有する土地の一部(約25万㎡)を活用し、メガソーラープロジェクト(約2.1万キロワット:注)を進めてきましたが、このたび当初計画通り発電設備が完成し、2月1日より営業運転を開始し、本日竣工式を執り行いました。
(注:太陽光モジュール容量)
 
徳島県小松島市は国内でも年間を通じて日射量の多い地域で、今回のプロジェクトは四国で最大級のメガソーラーとなります。両社の共同出資による特別目的会社(SPC)「日本製紙メガソーラー小松島合同会社」が、日本製紙の資産と技術力、三菱商事の事業運営のノウハウを生かして運営を行い、発電した電力は、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)」を活用して、四国電力株式会社(社長:千葉 昭)へ販売します。
 
日本製紙は、「総合バイオマス企業」としての成長を目指し、新たな収益の柱となる事業のひとつとして、土地、発電設備とその運営技術など、保有する経営資源を有効活用してエネルギー事業の拡大に力を入れています。太陽光発電は、大竹工場(広島県大竹市、約826キロワット:注)に次いで2例目となります。また、三菱商事は、日本全国8カ所14万キロワットのメガソーラー発電事業を推進しており、引き続き再生可能エネルギー事業を通じてエネルギー自給率の向上、地球温暖化対策に取り組んでまいります。
 
[完成したメガソーラー発電所]
日本製紙社有地(赤線で囲んだ部分)
設置された太陽光モジュール
 
1.プロジェクト概要
(1)所在地: 徳島県小松島市豊浦町1番
(2)敷地面積: 約25万㎡
(3)発電規模: 約2.1万キロワット
(4)売電先: 四国電力株式会社
 
2.合同会社の概要
(1)名称: 日本製紙メガソーラー小松島合同会社
(2)設立年月日: 2013年3月7日
(3)出資構成: 日本製紙50%、三菱商事50%
(4)事業内容: 太陽光発電事業

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

日本製紙株式会社 CSR本部 広報室
TEL:03-6665-1016 / FAX:03-6665-0309

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ