CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2015年3月11日
三菱商事株式会社

インドネシアにおける不動産開発事業参画について

三菱商事株式会社(以下、当社)は、東急不動産株式会社が推進する、インドネシア共和国における分譲マンション事業「(仮称)BSDプロジェクト」に共同事業者として参画することを決定いたしましたので、お知らせいたします。
 
本プロジェクトは、ジャカルタ中心部から南西約25kmのジャカルタ郊外で開発が進む約6,000 haの大規模開発ブミ・スルポン・ダマイ(BSD)地区中心エリアの一角に位置し、敷地内に31階から34階建てのマンションなどを8棟建設し4期に分けて分譲を行うプロジェクトです。当社は第1期から第3期における分譲マンション計7棟、約3,000戸(予定)の開発に参画いたします。
 
ジャカルタでは、堅調な経済成長と人口増加による中心市街地の地価高騰や交通渋滞を背景として、近年、都心から郊外へと都市・住宅開発が広がっています。BSD地区は大型商業施設や、インドネシア最大級のコンベンションセンターなどの都市機能が順次開発・整備されており、ジャカルタ郊外において最も注目されているエリアの一つです。本プロジェクトはこのBSD地区中心部のランドマークとして、開かれた街づくりと豊かな住環境を活かしたマンションとして開発を進めてまいります。
当社は、日本、北米などの先進国に加え、中国、東南アジア諸国など新興国における不動産開発事業に積極的に取組んでおり、日本の高い技術水準や商品企画力を、成長著しい東南アジア諸国での不動産開発事業に積極的に導入することで商品の差別化や高付加価値化を図る方針です。本件を手始めにインドネシア国内での事業を拡大させると共に、フィリピン、ベトナム、ミャンマーなど他の東南アジア諸国に於いても質の高い不動産開発事業を積極的に展開して参ります。
 
完成イメージ
【プロジェクト概要】
土地面積        約  43,000㎡
建物面積        約 363,000㎡
棟数                7棟
総戸数            約 3,000戸(予定)
スケジュール   第一期着工     2015年6月(予定)
                        第一期販売開始 2015年8月(予定)
位置図

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ