CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries and regions worldwide

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2016年2月10日
三菱商事株式会社
AES Corporation

米AESと蓄電システム販売で業務提携
~世界最先端の蓄電システムをアジア・オセアニア地域にて展開~

三菱商事株式会社(本社:東京  以下、三菱商事)は、大手独立系発電事業者であるAES Corporation(本社:米国)の子会社で、蓄電システムの開発、販売、事業を手掛けるAES Energy Storage(本社:米国  以下、AES-ES)と、今後成長が見込まれるアジア・オセアニア地域の蓄電市場において同社の蓄電システム“Advancion®”を共同販売することに関する業務提携に合意致しました。両社は、同システムの販売を通じ、再生可能エネルギーの効率運用、送配電コストの削減、CO2排出の低減などに寄与して参ります。
 
AES-ESは、世界最大手の蓄電システム事業会社として、これまで世界8ヶ所の電力市場に蓄電システムを納入しています。現在稼働中のシステム容量は116MW、建設中或いは開発中のシステム容量は268MWに上ります。AdvancionはAES-ESが開発した蓄電システムの商品名で、同社は昨年11月に最新型の「Advancion 4(第4世代)」をリリース致しました。「Advancion 4」は、コンパクトな構造と独自開発の制御システムにより、蓄電システムユーザーの収益最大化、運転コスト最小化を実現する世界最先端の蓄電システムです。
 
三菱商事は、国内外で発電から小売までを含めた電力事業を展開し、世界各国で発電・送電資産を保有・運営しています。また、蓄電分野では車載用・産業用リチウムイオン電池の開発・製造・販売事業を行っており、チリではAES Corporationの現地子会社と共同でシステム容量20MWの運転予備用蓄電システム(※1)を建設中です。
 
蓄電市場は今後大きく成長することが期待され、米国大手調査会社Navigant Researchの調査によると、2020年には年間11GW(※2)以上の蓄電システムが導入され、その3分の1以上がアジア・オセアニア地域に集中すると予想されています。AESと三菱商事は、Advancionの販売を通じ、アジア・オセアニア地域の電力システムの安定化、発展に貢献して参ります。
 
(※1)チリの一部地域では発電事業者が発電能力の一定量を運転予備用として温存することが義務づけられている。
(※2) 日本の地域電力会社10社の総発電容量の約5%相当。
 
 
<Advancion 外観>
<AES Corporationについて>
AES Corporationは、米Fortune誌において上位200社にランキングされている独立系発電事業者で、世界18か国で火力発電・再生可能エネルギーから配電まで多様な事業を行っています。計18,500名の従業員が優れた技術を通じて世界中の電力ニーズに応えています。売り上げ規模は170億ドル(約1兆9,550億円)で、390億ドル(約4兆4,850億円)の資産を保有しています。
 
<AES ESについて>
AES-ESは、AESの子会社で、蓄電市場における世界のリーディングカンパニーです。
 
<三菱商事について>
三菱商事は、国内および海外約90カ国に200超の拠点を持ち、600社を超える連結対象会社と共にビジネスを展開する最大の総合商社です。
地球環境・インフラ事業、新産業金融事業、エネルギー事業、金属、機械、化学品、生活産業の7グループにビジネスサービス部門を加えた体制で、幅広い産業を事業領域としており、貿易のみならず、パートナーと共に、世界中の現場で開発や生産・製造などの役割も自ら担っています。
これからも私たちは、常に公明正大で品格のある行動を信条に、豊かな社会の実現に貢献することを目指し、さらなる成長に向けて全力で取り組んでいきます。
 
以 上

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ