CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries around the world

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

三菱商事

プレスルーム

2016年5月17日
三菱商事株式会社

米シリコンバレー域内新興企業向け投資ファンド設立について
産業構造変革を主導するベンチャー企業の成長支援と日本への技術展開の取り組み

三菱商事株式会社(以下、三菱商事)は、前駐日米国大使でIT業界やライフサイエンス業界、新興企業への顧問業務で知られるウィルソン・ソンシーニ・グッドリッチ&ロサーティ法律事務所元CEOのジョン・ルース氏、並びに米国大手ベンチャーキャピタルであるアンドリーセン・ホロウィッツ元パートナーのアシュビン・バチレディ氏と共に、シリコンバレーの先端企業に成長資金投資を行うファンド、「Geodesic Capital Fund I」 (以下、本ファンド)を設立し、本ファンドはこのたび335百万米ドルの投資資金を集め募集を完了しました。
 
本ファンドは、ルース氏の日米経済界における幅広い人脈、並びにバチレディ氏のシリコンバレーにおけるベンチャー投資の実績を梃に、将来的に産業構造変革を主導できるソフトウェア技術やビジネスモデルを持つ企業を発掘し、成長資金を提供します。又資金提供のみならず、投資先企業の日本への進出支援を専門的に行うチームを組織し、投資先の成長促進と企業価値向上に努めてまいります。
 
三菱商事は、本ファンドにリード投資家として参画する他、本ファンドの投資先企業の日本への進出支援、及び投資家として本ファンドに出資参加する日本企業とシリコンバレーとの関係作りに協力していきます。
 
昨年5月の一次資金募集完了以降、既に投資を開始しており、友人との瞬間的な楽しみを素早く共有できる携帯端末用アプリケーション「Snapchat」、ビットコイン・プロトコルをサポートする21 Bitcoin Computerを販売する「21.inc」、数百万のモバイル端末のセキュリティ確保、制御、管理が数秒で可能な「Tanium」、ウェブサイトの様なアプリケーション配信を高速、安全且つ容易に行うコンテンツ配信ネットワーク(CDN)プラットフォーム「Instart Logic」など、革新的なソフトウェア企業に投資し成長支援を進めております。また、昨年来日米それぞれで、投資家向けにファンドの投資先及び米国の先端的ソフトウェア会社との事業提携やエンタープライズサービス活用など幅広い協業機会の提供を開始しております。
 
“Geodesic”は測地線を意味し、地球上の2点を結ぶ最短ルート、すなわちシリコンバレーと日本を最も効果的に結ぶ投資プラットフォームでありたい、との想いが込められております。三菱商事は、産業や社会を変革し得る投資先企業の支援を通じて、新たな成長分野への取り組みを進めて参る所存です。
【ファンドの概要】
ファンド名:             Geodesic Capital Fund I, L.P.
設立年月:             2015年2月24日
投資戦略:             米シリコンバレー域内の新興企業に対する成長資金投資、及び成長支援等
運用残高:             3.35億ドル
投資家:                 国内大手機関投資家、事業法人等
 
【ジョン・ルース氏略歴】
  • 2009年8月から2013年8月まで駐日米国大使を務め、2010年8月6日には広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に出席した初の現職米国大使となる。
  • また、2011年3月11日に発生した東日本大震災の際には、日本の対応を支援する米国の活動を率いた。ルース大使はまた米国による災害救援活動に続く「TOMODACHIイニシアティブ」の創設にも主導的な役割を果たした。
  • 駐日大使以前は、ウィルソン・ソンシーニ・グッドリッチ&ロサーティ法律事務所のCEO兼シニア・パートナーを務め、現在は本ファンドのマネージング・ディレクターであると同時に、M&A顧問会社であるCenterview Partnersのシニア・アドバイザー、Salesforce.comやソニー株式会社取締役会メンバー、三菱UFJフィナンシャル・グループのグローバル・アドバイザリー・ボードも務めている。
  • スタンフォード大学とスタンフォード大学ロースクールを優等で卒業。オーダー・オブ・ザ・コイフ(全米優等法学生会)会員。
 
【アシュビン・バチレディ氏略歴】
  • ベンチャーキャピタルとテクノロジーに関して14年の経験を有しており、本ファンドに参画する以前は、アンドリーセン・ホロウィッツでグロース・ステージ投資の責任者を務めた。同社ではFacebook、Twitter、Box、Airbnb、およびGithubへの投資に深く関わる。
  • それ以前はLightspeed Venture Partners、3i Group、およびJMI Equityにおいて、テクノロジー業界を幅広くカバーし、あらゆるステージでのベンチャー投資に関わる。
  • また大手ウェブ・アナリティクス企業であるCoremetricsにて、CEO室長として企業戦略、運営、および事業開発活動に携った経験もあり、キャリア初期にはMontgomery & Co.とSalomon Smith Barneyのインベストバンキング部門に在籍した。
  • カリフォルニア大学サンディエゴ校から経営科学の学士号を取得。
 
【三菱商事株式会社の概要】
本社所在地:          東京都千代田区丸の内二丁目3番1号
創立:                    1954年7月
資本金:                 2,044億円
事業内容:             地球環境・インフラ事業、新産業金融事業、エネルギー事業、金属、機械、化学品、生活産業の7グループに、ビジネスサービス部門を加えた体制にて幅広い産業を事業領域として多角的なビジネスを展開。
従業員数:             71,994名(連結ベース:2015年3月末時点)
社長:                    垣内 威彦
 

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ