CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries around the world

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2018年5月14日
三菱商事株式会社
株式会社三菱UFJ銀行
Bank of Ayudhya Public Company Limited
Standard Chartered Bank

新送金技術を活用した国際送金の実証実験の開始について

三菱商事株式会社(以下、三菱商事)、株式会社三菱UFJ銀行(以下、三菱UFJ銀行)および三菱UFJ銀行の在タイ連結子会社であるBank of Ayudhya Public Company Limited(以下、アユタヤ銀行)、Standard Chartered Bank(以下、スタンダードチャータード銀行)は、国際送金の利便性および、企業のグループ内における資金効率の向上を目指し、米国Ripple社が提供する技術を活用したタイ・シンガポール間における国際送金の実証実験(以下、本実証実験)を開始いたしました。
本実証実験は、タイ中央銀行のレギュラトリーサンドボックス制度を活用し、三菱商事の子会社がアユタヤ銀行およびスタンダードチャータード銀行にそれぞれに保有する口座間で国際送金を実施するものであり、本邦企業グループの実口座を利用した国際送金の実証実験としては初となります。
今後、本実証実験の結果に基づき、高速かつ透明性・追跡性に優れた国際送金の実用化・商用化へ向けた検討を前進させ、企業のグループ内における資金効率の更なる向上に努めるとともに、今後もイノベーションに関する様々な取組みを図ってまいります。
(※)現行法の規制を一時的に止めて特区内で新技術を実証できる制度
 
 
1.本実証実験の目的・背景
三菱商事、三菱UFJ銀行、アユタヤ銀行およびスタンダードチャータード銀行の4社は、国際送金の利便性および、企業のグループ内における資金効率の向上を目指し、新規技術・サービスに係る情報収集・研究を幅広く進めてまいりました。この度、Ripple社の送金技術の検討を行っていた4社が共同で、即時決済、多通貨および複数銀行にまたがる効率的な資金管理を検討する一環として、本実証実験の開始に至ったものです。
 
 
2.本実証実験の概要
仕向銀行
アユタヤ銀行本店
送金人
Thai-MC Company Limited(在タイ三菱商事子会社)
被仕向銀行
スタンダードチャータード銀行(シンガポール)
受取人
MC Finance & Consulting Asia Pte Ltd.(在シンガポール三菱商事子会社)
送金通貨
シンガポールドル
 

3.米国Ripple社について
Ripple社は2012年サンフランシスコで設立されたシステムソフトウェアベンダーです。Ripple社が開発した国際送金ソフトウェアは、インターネット通信プロトコルを採用し、決済実行前・実行後の銀行間メッセージング機能と、即時決済・着金を実現する機能があり、本ソフトウェアを導入した金融機関同士がネットワーク内で通信することができます。
スタンダードチャータード銀行および三菱UFJ銀行は、Ripple社および7行の銀行で構成されるアドバイザリーグループ(RippleNet Advisory Board)に加入しており、多くの金融機関がソフトウェアをスムーズに導入しネットワーク参加行同士で利用開始できるよう、基本となるビジネスルールの策定に貢献しています。
 

4.本実証実験の参加金融機関について
(1)アユタヤ銀行
アユタヤ銀行は、タイにおいて74年の歴史を有し、同国第5 位の資産規模を誇る商業銀行です。タイ全国における700以上の独自拠点網および35,000 を超える販売代理店網を通して、個人のお客さまから中小・大企業のお客さまに対して、法人業務、消費者金融を含むリテール業務、投資・資産運用等の包括的な総合金融サービスを展開しています。
アユタヤ銀行は、「Digital First」を掲げてFinTech技術を積極的に導入しており、昨年9月にはRipple社のソフトウェアを導入し、ラオス企業と提携して同行ラオス支店からバンコク本店へ米ドル建ての実送金テストを行い、従来、数営業日を要した送金時間の短縮に成功しています。

(2)スタンダードチャータード
スタンダードチャータードは、世界で最も活力に満ちた市場―アジア・アフリカ・中東地域において150年以上の歴史を誇る国際的な金融グループです。スタンダードチャータードの多様性を通して商業を推進し繁栄をもたらすことを使命としています。その伝統と価値は「Here for good」というブランドプロミスに表れています。
スタンダードチャータードが拠点を持つ国は60以上、支店数は1,000以上にのぼり、約3,000のATMを有しています。
スタンダードチャータードPLCはロンドン証券取引所、香港証券取引所、ムンバイ証券取引所、ならびにインド国立証券取引所に上場しています。
以 上

【本件に関するお問い合わせ】
三菱商事株式会社 広報部 
Tel: 03-3210-2171

株式会社三菱UFJ銀行 広報部 
Tel: 03-3240-2953
 
アユタヤ銀行 広報部
Tel: +66-0-2296-3795
 
スタンダードチャータード銀行 広報部
Tel: 03-5511-1245
 
 

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ