CLOSE

Select Region

Mitsubishi Corporation has Offices & Subsidiaries in approximately 90 countries around the world

  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America & the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania
  • Japan (Head Office)
  • North America
  • Latin America &
    the Caribbean
  • Europe
  • Africa
  • Middle East
  • Central Asia
  • East Asia
  • Asia & Oceania

Japan (Head Office)

North America

Latin America & the Caribbean

Please see details of our activities in Latin America & the Caribbean here.

Corporate Brochure

Central Asia

三菱商事

プレスルーム

2018年5月30日
三菱商事株式会社

イラク港湾公社向けバスラ地区港湾改修工事を受注

三菱商事株式会社 (以下、当社) は、イラク共和国の港湾公社であるGeneral Company for Ports of Iraq からイラク南部のバスラ地区の港湾改修工事を受注致しました。当社は1970年代にバスラ地区にコール・アルズベール港 (工業港)のNo.1バース(通称“三菱バース”)を建設しており、約40年ぶりの同国での港湾工事受注となります。契約金額は約110億円となり、国際協力機構 (JICA) の円借款 (政府開発援助) により資金供与されます。
 
 
本工事は、トルコ共和国有数の財閥チャルックホールディング(Calik Holding、以下CH) 傘下で当社が一部出資する総合エネルギー・インフラ事業会社チャルックエナジー (Calik Enerji Sanayi ve Ticaret A.S.、以下CE)* 、同じくCH傘下の建設会社ギャップ (GAP Insaat Yatirim ve Dis Ticaret A.S.)と共に取り組むものです。
当社が主契約者となり、契約全体の取り纏め、および鋼材を中心とする日本製品の調達を担当し、CEが主体となり現地工事を実施致します。完工は2020年を予定しております。
 
 
本工事は、次の2つの工事から構成されております。
〇コール・アルズベール港 (工業港) のNo.1バースを拡張し、石油製品輸出入用バースを造成
〇ウンム・カスル港 (商業港) に作業船、サービスボート用のサービスバースを新設
 
 
イラクは、イランとクウェートに挟まれた約48kmの海岸線しか有しておらず、政府の港湾施設として実質的に機能しているのは、コール・アルズベール港とウンム・カスル港の2港のみと限定されております。同国は豊富な石油・ガス資源を有しており、今後、輸出が増えることが見込まれております。一方、十分な港湾設備が依然整備されておらず、包括的な港湾の整備が急務となっております。
当社は、質の高いインフラ輸出推進に積極的に取り組み、同国の復興と経済発展に貢献して参ります。
 
* 当社は90年代から中央アジア諸国に於けるプラント建設案件を中心にCEの親会社であるチャルックホールディング (Calik Holding) と協業しております。2015年6月4日には、CE株式を取得し、人材交流を含めた戦略的パートナーシップを構築することに合意致しました。
 
【参考情報】
1. General Company for Ports of Iraqの概要
(1) 本店所在地 : イラク共和国バスラ市
(2) 設立         : 1919年
(3) 事業内容   : 港湾の操業、保守
(4) 代表者      : Aziz Hashim, Director General
 
2.三菱商事株式会社の概要
(1)本店所在地 : 東京都丸の内二丁目3番1号
(2)創立          : 1954年
(3)事業内容    : 地球環境・インフラ事業、新産業金融事業、エネルギー事業、金属、機械、化学品のグループ体制で、幅広い事業領域として、多角的なビジネスを展開。
(4)代表者       : 代表取締役社長 垣内 威彦
 
3. チャルックホールディング (Calik Holding、以下CH) の概要
(1)本店所在地 : トルコ共和国イスタンブール市
(2)設立          : 1981年
(3)事業内容     : トルコ・周辺国に於けるエネルギー関連インフラ事業、繊維業、銀行業、建設業、マイニング事業、通信事業等
(4)代表者        : Ahmet Calik, Chairman & CEO
 
4. チャルックエナジー社 (Calik Enerji Sanayi ve Ticaret A.S.) の概要
(1)本店所在地 : トルコ共和国イスタンブール市
(2)設立          : 1998年
(3)事業内容    : CIS諸国、中東、アフリカを中心としたプラントEPCプロジェクト関係、トルコ、コソボ等でのエネルギー関連インフラ・ユーティリティー事業等
(4)代表者       : Ridvan Aktürk, CEO
 
5. ギャップ社 (GAP Insaat Yatirim ve Dis Ticaret A.S.) の概要
(1)本店所在地 : トルコ共和国イスタンブール市
(2)設立          : 1996年
(3)事業内容    : トルコやトルクメニスタン始めとするCIS諸国、中東、アフリカを中心とした建設業、不動産開発
(4)代表者       : Korhan Ozbaysal, General Manager

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

三菱商事株式会社 広報部 報道チーム
TEL:03-3210-2171 / FAX:03-5252-7705
ページ上部へ